wargs

正規表現なワイルドカードの展開ルーチン


ソフト詳細説明

TC++/BC++で作ったプログラムにwargsx.obj(xはメモリモデル) をリンクする
と、{ksh,csh}風のワイルドカードの展開が出来ます。ついでに、それぞれの
ワイルドカードの展開時にファイル名をソートします。ただし、別個のワイ
ルドカードにまたがるソートはしません。

動作環境

wargsの対応動作環境
ソフト名:wargs
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:PDS
作者: 山本 浩文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

展開  正規表現  ルーチン  ワイルドカード 


「C言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. C言語関数ツリー C言語のソースを読み込んで、その関数の構成をツリー状にして画面に出力(ユーザー評価:0)
  2. CTREE C言語プログラムを解析し、構造化されたモジュール(関数)のTree表示(ユーザー評価:0)
  3. クロスリファレンスツール C言語ファイルの関数をリストアップ(ユーザー評価:0)
  4. /**/to// C言語の /*〜*/形式のコメントを、C++の//形式に変換(ユーザー評価:0)
  5. 共同製作 Graphic Library PC-9800 シリーズ用グラフィックライブラリ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック