CarrotBASIC

ヒジネスAPをより効率よく開発するために作製された言語


ソフト詳細説明

CarrotBASICはヒジネスAPをより効率よく開発するために作製された言語です。
特徴としては次の様な物が挙げられます。
1)行番号が存在しない。すべてラベルで制御。
2)データファイルはマルチキーのISAMを基本に考えている。
3)データ項目名をそのまま変数名として扱うためファイル操作が簡単。
4)強力な画面入出力。連続フィールド入出力が可能。
5)大量データソートをサポート
6)実数演算を10進(BCD)で行なうため厄介なまるめ処理は必要ない。
マイクロソフト系のBASICとはかなり違います。

動作環境

CarrotBASICの対応動作環境
ソフト名:CarrotBASIC
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 榎本 宏 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

開発  言語  効率  作製  ネス  AP  ヒジ  より 


「BASIC言語」カテゴリーの人気ランキング

  1. UNP S.P.vesion N88BASIC でプロテクトセーブされたファイルのプロテクトを解除(ユーザー評価:0)
  2. MSXLIST(MS-DOS版) MSXのBASICファイルを標準出力する(ユーザー評価:0)
  3. AUTODATA automatic DATA generator (BASICのDATA文生成)(ユーザー評価:0)
  4. EL_BASIC 98版 EL_BASICコンパイラ 98版(ユーザー評価:0)
  5. EL_BASIC DOS/V版 EL_BASICコンパイラ DOS/V版(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック