ATPLIB

MS-Cでオートパイロットを作るライブラリ(ソース付き)


ソフト詳細説明

【 概 要 】
外部プロトコルを子プロセスで実行したりしますね。
この外部プロトコルの代りに、オートパイロットを実行するソフトを作れば、
マクロ言語よりも高度な処理ができるのではと思い、そのソフト作りを支援す
るライブラリを作ってみました。

このATPLIBは次の様な特徴があります。

【 特 徴 】

(1) オートパイロット部を実行ファイルにする為、子プロセス実行機能があれば通
信ソフトの種類を問わず利用できる。
(2) 文字落ち防止機能により、高速通信時での文字落ちを防止する。
(3) 従来のマクロ言語よりも強力なオートパイロットが実行できる。
(4) 命令の拡張が容易であり柔軟に対応できる。
(5) 使い慣れている言語なのでプログラムやデバッグが楽である。
(6) オフラインでデバッグできる。
(7) SEND,WAIT,CASE,GETS, など WTERMマクロライクな関数を用意したので、
WTERMマクロに慣れた人にも使いやすい、と思う。
(もちろんC言語をプログラムできる事が前提ですが。)

動作環境

ATPLIBの対応動作環境
ソフト名:ATPLIB
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: YAMAKEN 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ライブラリ  パイロット  オート 


「通信」カテゴリーの人気ランキング

  1. Neo-CV 様々なログファイルを処理できるDOS汎用のオフ書きソフト(ユーザー評価:0)
  2. アップロードファイルメーカー UpLMaker テキストファイルをパソコン通信でアップロードしやすい形に変換(ユーザー評価:0)
  3. MHS 署名を使い分ける補助ツール! DOS汎用版(ユーザー評価:0)
  4. MHS 署名を使い分ける補助ツール! PC98x1版(ユーザー評価:0)
  5. HABA 東京BBS用 ログカッター(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック