高血圧剤の投薬アドバイザー

高血圧剤の医療問題をエキスパート・システムのフレーム構造で試作


ソフト詳細説明

 今回はPROLOG69登録のフレーム構造のソースを公開するために「あいまい言葉」をスロットとした試作登録です。簡潔な字句の使用に努力しましたが, 医療述語(術語)の使い分けのできない患者の稚拙なプログラムですから生半可なものになっています。PROLOGの構造も冗長なものになっていますが,それは迂生の疾病理解の覚え書きが影響しているためです。フレーム構造は Arity 社のClaudia MarcusさんのAddison-Wesley出版社の著書を追跡学習したものですから参考になるところがあるかも知れません。NEC98シリーズ以外のMS-DOS パソコンで走る筈ですが,確認はそちらで行って下さい。

動作環境

高血圧剤の投薬アドバイザーの対応動作環境
ソフト名:高血圧剤の投薬アドバイザー
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

構造  フレーム  医療  エキスパート  高血圧  試作 


「PROLOG」カテゴリーの人気ランキング

  1. 僧帽弁不全症候群EXPERT_SYSTEM PROLOG15 僧帽弁不全症候群 EXPERT_SYSTEM(ユーザー評価:0)
  2. 心臓疾患の看護と診断と画像検査 PROLOG92 心臓疾患の看護と診断と画像検査(ユーザー評価:0)
  3. 睡眠薬服用の可否 PROLOG89 睡眠薬服用の可否(ユーザー評価:0)
  4. 人間ドック検査値の読み方(3) PROLOG36 人間ドック検査値の読み方(3) 糖尿病と膵臓病、肝臓・胆嚢を含む(ユーザー評価:0)
  5. 人間ドック検査値の読み方(6) 画像ファイル PROLOG39 人間ドック検査値の読み方(6) 画像ファイル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック