CQSL

アマチュア無線コンテスト用(Zlog/CT/TR対応)のQSL印刷プログラム


ソフト詳細説明

<CQSLの概要>
zLOG・CLOG・CT・TRなどのコンテストロギングソフトのデータから、何も考えずにQSLカードを発行するのが目的のソフトです。

基本形は,無地の(転送枠のみ印刷済みを想定)カードに横書きで交信データを印刷します。同一局の複数の交信データは、最大5QSOまで1枚のカードに印刷します。転送枠には、相手コールのボディーを6文字まで印刷します。(移動局の場合、移動地がボディーの前にあっても後ろにあっても、ボディーを自動的に判別します。)

印刷は、JARL発送に必要な順番にソートされます。(DX局は、単純に数字・アルファベット順。国内局は、DX局の後にコールエリア順・2文字コール優先・1エリアは「J*」コールの後に「7*」のようにソートします。)ソートは、昇順・降順が選べます。

今回、新たにデータ枠印刷済みのカードにデータのみを印刷するモードを追加しました。既製のカードや、仲間と一緒に作ったカードに対応します。ただし、相手コール(TO RADIO欄)以外のデータは、1行にしか印刷できません。自局のデータなど固定の内容は、データ行以外に自由に設定できます。(このモードについては、まだ十分な検証が出来ていないのでβ版扱いです。)

プログラムは、コンテストログ(テキストファイル)からデータを抽出して印刷順にソートする「CQSLv1」(中間ファイル「***.QSL」を生成。)、中間ファイルから無地カードに印刷する「CQSLv2」、中間ファイルからデータ枠印刷済みカードに印刷する「CQSLv2F」と、これらを連携するメニュー「CQSLmenu」から成り立っています。(実際には、CQSLv2/CQSLv2FはそれぞれA/Bとそれを連携するバッチファイルに分割されています。)

このソフトを動作させる上で必要な条件は、以下のとおりです。
・MS-DOS(いわゆるDOS-V)上で動作します。
・メモリーの制約は、特に無いはずです。(640Kあれば動くはず)
・WindowsのDOS窓からも動作可能です。(CQSLMENU.BATをエイリアス登録しておけば、Windows上で起動可能です。)
・プリンターは、MS-DOSで印刷可能な「ESC/P」「PC-PR201」のコマンドモードを持っている必要があります。

2000-5-4 JF1RPZ/JN3TMW 出田(いづた)洋(Yoh)

動作環境

CQSLの対応動作環境
ソフト名:CQSL
動作OS:Windows 98/95 MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 出田 洋 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

印刷  無線  アマチュア  コンテスト  QSL  CT  Zlog  TR 


「アマチュア無線」カテゴリーの人気ランキング

  1. JR8DAG-8Z 回路図 6m QRP AM トランシーバー(JR8DAG-8Z)回路図etc.(ユーザー評価:0)
  2. Log200 DOS/V版 Windowsコンソールアプリ版と共存させるための修正を加えたログソフトLog200 DOS/V版(ユーザー評価:0)
  3. FPMB FWD-NETを利用するための統合環境(ユーザー評価:0)
  4. ADeP ATT(減衰器)設計支援ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  5. CQSL アマチュア無線コンテスト用(Zlog/CT/TR対応)のQSL印刷プログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック