IOtrap(IOTR) 〜 I/O access Trapper 〜

MS-DOS汎用、各種メモリマネージャーに寄生して I/O アクセス監視機能を追加


ソフト詳細説明

VMM386 MELEMM.386 EMM386 VEM486 LEMM TDPMI QEMM 等の各種メモリマネージャーの例外処理ハンドラに取り付いて、I/O アクセス監視機能を提供します。
x86系のMS-DOS上で動作し、EMSとVCPIをサポートするメモリマネージャー上でなら機種、種類を問わずに動作するはずです。よって、IOTR に対応するだけで多くのメモリマネージャー上で動作するツールを作成することができます。

なお、このソフト単独ではなにも出来ませんので別途、IOtrapクライアントソフトウェアを用意して下さい。

動作環境

IOtrap(IOTR) 〜 I/O access Trapper 〜の対応動作環境
ソフト名:IOtrap(IOTR) 〜 I/O access Trapper 〜
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: みかり 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

監視  アクセス  マネージャー  寄生  メモリ 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. VT信管資料集 概要:原理と回路図(ユーザー評価:0)
  2. IOtrap(IOTR) 〜 I/O access Trapper 〜 MS-DOS汎用、各種メモリマネージャーに寄生して I/O アクセス監視機能を追加(ユーザー評価:0)
  3. AKI80を使ったTNCの製作 AKI80を使ったTNCの製作(ユーザー評価:0)
  4. TDMデータ記録 DOS版 (研究用) ARIB STD-39規格に準拠したTDM回路からのデータをテキストファイルに保存(DOS版)(ユーザー評価:0)
  5. オリジナル・アラーム時計(体験版) ワンチップマイコンPIC12F1822を使ったオリジナル・アラーム時計(体験版)(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック