VSD Virtual Sound Driver for EMM386

CanBe内蔵、118音源上、MPU401互換のMIDI音源等をDOSで使用


ソフト詳細説明

 CanBe内蔵や118音源上に載せるMIDIサブボードやその他のMPU401互換のMIDI音源はI/Oポートが違うためにDOSソフトで動作しない場合がある。このプログラムを組み込むことによって以前のMIDI対応のDOSソフトが動作するようになる。またソフトウェアボリューム機能によって変えられないMIDIのボリュームを変えることが出来る。

動作環境

VSD Virtual Sound Driver for EMM386の対応動作環境
ソフト名:VSD Virtual Sound Driver for EMM386
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 中嶋 宏一 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

音源  互換  MPU  MIDI  CanBe 


「MIDI関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. VMD RS-232C及びSoundBlasterで仮想MPUを実現(ユーザー評価:0)
  2. MIDIbios 汎用MIDIドライバー PC-9801版 ソース(ユーザー評価:0)
  3. FMMIDI FM音源付きのPC-98をMIDI音源として使うプログラム(ユーザー評価:0)
  4. GMINIT MPU-401互換ボードを介して、SoundCanvasをコマンドラインからコントロール・初期化(ユーザー評価:0)
  5. MIDDRV 常駐型 Standard MIDI File (Format 0 のみ)演奏ドライバ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック