CPUHALT

PC98用パワーセーバ


ソフト詳細説明

 CPUHALTは、PC-9800シリーズ用のパワーセーバです。通常のパワーセーバは、キーボードBIOSの入力チェックとDOSアイドル割り込みが一定回数(10〜100回くらい)実行されたら、入力待ち状態とみなしてパワーセーブを行い、1回のパワーセーブが終わったらまた数え直しますが、CPUHALTは、少し違う動作をします。それは、キーボード・CRT BIOSの入力チェック以外のファンクションが呼ばれたら、カウンタを大きな値(4096。コマンドライン引数で変更可能)に設定し、その代わり「一定回数」を小さく(4回)していることです。このため、パワーセーブの効果の割には動作が安定しています。

 CPUHALTが利用できるのは、HLT命令の実行中に消費電力が下がるCPUを持つ機種です。V30、SLエンハンスト486、DX4などのCPUが該当します。98ノートでCPUHALTを利用した場合には、FDDとRAMドライブの第一ドライブを示すLEDが、パワーセーブ中に消灯します。

動作環境

CPUHALTの対応動作環境
ソフト名:CPUHALT
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 藤波 順久 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

セーバ  パワー 


「CPU情報表示・設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. wake 286以上のCPUを積んだノーマルモード98のCPUモードを切り換え(ユーザー評価:0)
  2. Hyper Status Display "HS" 各種の情報表示を行うツール(ユーザー評価:0)
  3. PW コマンドラインから電源制御(ユーザー評価:0)
  4. apms APM 機能を利用して周辺装置の電源制御を行なう(ユーザー評価:0)
  5. CX486 Cyrix Cx486DLC/SLC internal cache controller(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック