8748を使った2相パルス発生器

8748を使った2相パルス発生器


ソフト詳細説明

1チップCPU,8748を使った「2相パルスジェネレータ」です.

(ロータリーエンコーダやパルススケールの信号をシミュレーションする
 ためのツールです.)

 TPG_1.LZHには,この「2相パルスジェネレータ TPG−1」に関する
ファイルを圧縮しています.(LHAを使っています.)

動作環境

8748を使った2相パルス発生器の対応動作環境
ソフト名:8748を使った2相パルス発生器
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 下間 憲行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

パルス 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. 昔に作ったROMエミュレータ プロセッサ誌1989年6月号に掲載してもらった製作記事をまとめてみました(ユーザー評価:0)
  2. 2716〜27512,8748,49用 ROMライター 2716〜27512,8748,49用 ROMライター(ユーザー評価:0)
  3. PICマイコン12F675を使ったメッセージ・キーヤー PIC12F675を使ったメッセージ・キーヤーを100円ラジオに組み込む(ユーザー評価:0)
  4. AVRマイコンで作る大声レベル計測器 AVRマイコンAT90S4433を使った大声コンテスト用計測器(大声トライアル)の製作(ユーザー評価:0)
  5. BATCK10放電特性記録機能付きNiMH,NiCdバッテリ放電器 ワンチップマイコンを使ってNiMH,NiCdバッテリの放電を行いながら特性を記録する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック