UMBCTRL

UMB設定


ソフト詳細説明

 このプログラムはPC9821以降のUMBの仕様が従来から変更が生じた事と、
新たな試みとして『EMSメモリをUMBに参加させられたら良いなぁ』と言う夢を
何とか実現しようと言う暴挙(笑)がどこまで出来るか?………と言う意図から生ま
れました。

 このプログラムには以下の機能が有ります。

  ・メインメモリ、GVRAM、EMSをUMBにリンク、開放する。
  ・指定したフリーUMB以外を確保する。
  ・指定したフリーUMBを確保、開放する。
  ・確保したUMBを全て開放する。
  ・UMBの状態を表示する。
  ・ターゲットアドレスを簡単に指定出来る。
  ・メモリアロケーションストラテジを変更する(コマンドラインのみ)。
  ・以上の機能をデバイスドライバとコマンドラインで同一の機能を共用出来る。
   (一部制限あり)

動作環境

UMBCTRLの対応動作環境
ソフト名:UMBCTRL
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 水烟 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

UMB 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)
  3. VEM486姫子ちゃん化セット VEM486のメッセージを姫子ちゃん化(ユーザー評価:0)
  4. LimUmb UMBを極限まで拡張する、ユーティリティ(ユーザー評価:0)
  5. MCBMAN MCBマニュアル(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック