FDslow

H98で高速CPU使用時のFDエラー対策


ソフト詳細説明

システムの動作クロックを上げて動作させたり、ODPを用いるなど本来の動作速度よりも高速に動作させる場合、BIOS中のソフトウェアタイマの時間が短くなり、問題が発生することがあります。
私もH98Sを改造しDX4ODP-100動作としたところ、FDDのシークエラーが発生するようになりました。本ソフトウェアはこの問題に対処するために作ったものです。限りなく単純なものではありますが、興味を持って下さる方がいらっしゃいましたので、公開します。
対処は2通り行っています。FDslow.comはディスクアクセス時に実行されるソフトウェア割り込み(INT1BH)をフックしてCPU内のキャッシュを無効にすることで動作速度を下げる常駐型ソフトです。H98シリーズ全てに有効だと思いますが、FD以外から起動した時のみ有効です。FDBpat.comはBIOSがROMからRAMにコピーされて動作していることを利用してBIOSに直接パッチを当てるものです。一度実行すると本体をリセット(ソフトウェアリセットを含む)するまで有効ですのでHSB.exeなどによるウォームブートを使ったFDからの起動後も有効です。ただし、H98S以外では多分動作しないと思います。

動作環境

FDslowの対応動作環境
ソフト名:FDslow
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 矢野 隆 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

FD  エラー  CPU 


「ディスクドライブ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. Revisor for Enhanced Ide 544MB超HDD非対応機種で接続できるように(ユーザー評価:0)
  2. DDTX 簡易ハードディスクエディター(ユーザー評価:0)
  3. IDE_DISK 沢山接続しようIDE専用HDDスレーブ接続デバイスドライバ(ユーザー評価:0)
  4. IDE_BIOS E-IDEのLBA対応、544Mバイトオーバー魔法のドライバー(ユーザー評価:0)
  5. IDE情報表示 IDE(ATA/ATAPI)ドライブの情報を表示する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック