CPUHIGH

PC-9800シリーズの動作CPUを高速側に切り換えるデバイスドライバ


ソフト詳細説明

 CPUHIGHは、PC-9800シリーズの動作CPUを高速側に切り換える、デバイスドライバ兼
実行プログラムです。80286以上のCPUを搭載したマシンで使えます。リセット時に拡張
メモリをクリアされないようにする使い方を想定しています。つまり、ディップスイッ
チなどでV30(相当)モードにしておき、CONFIG.SYSのなるべく上の行(仮想EMSドライ
バなどより上)にDEVICE=CPUHIGH.COMと書いておくと、メモリチェックをされずに
80286以上のCPUが使えるようになるわけです。
 同様の機能を持つソフトウェアに、R.Shinchiさん作のWAKE.COMがありますが、
CPUHIGHの長所は、
PC-9801NAでi486の20MHzに切り換えることができる(WAKE.COM Ver0.93では1
回レジュームしないと20MHzにならない)
パリティエラー対策を、必要なときのみ行う。
サイズが小さい
だけです。機能をCPU切り換えとメモリ容量検出に限定してしまったため、
V30(相当)に切り換えることができない
エラーレベルを返さない
PC-9801NS/Tに対応していない(実は動作テストはPC-9801VX2、PC-9801RX2、
PC-9801RA21、PC-9801NAでしか行っていない)
などの欠点があります。

動作環境

CPUHIGHの対応動作環境
ソフト名:CPUHIGH
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 藤波 順久 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ドライバ  CPU 


「CPU情報表示・設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. CX486 Cyrix Cx486DLC/SLC internal cache controller(ユーザー評価:0)
  2. 機種/CPU判別プログラム NEC/EPSON製の98互換機の機種とCPUを判別(ユーザー評価:0)
  3. Hyper Status Display "HS" 各種の情報表示を行うツール(ユーザー評価:0)
  4. DC 即席 Cx486SLC コントロール・プログラムセット(ユーザー評価:0)
  5. Model 98,EPSONのハードウェア情報表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック