使用済みポート表示プログラム

使用済みI/Oポートを表示


ソフト詳細説明

ハードウエアのポートの状態を見るプログラムです。

いろいろなボードを追加したり、新しいOSをインストールするときに
IOマップを忘れてしまい、ついついIOの衝突やインストールがうまくゆかない
トラブルを起こすことがあります。
こんなとき、使っているIOアドレスを簡単にテキスト表示させるツールが欲しくて
作りました。

このプログラムはIOが使われていないときには読み込み値が 0xFF
となるのを逆手にとって0xFF以外のIOポートアドレスを表示します。

原理上 0xFF を戻すアドレスには使えませんが追加のボードがすべての
ポートに対して 0xFF をかえすとは思えませんので結構便利につかえますよ。

動作環境

使用済みポート表示プログラムの対応動作環境
ソフト名:使用済みポート表示プログラム
動作OS:MS-DOS
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 田中 雅人 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード


「CPU情報表示・設定」カテゴリーの人気ランキング

  1. 機種/CPU判別プログラム NEC/EPSON製の98互換機の機種とCPUを判別(ユーザー評価:0)
  2. TRAP メインメモリに常駐し、不正な割り込み等を防ぐ(ユーザー評価:0)
  3. Cx486 Cx486 内部キャッシュコントローラ CX.EXE(ユーザー評価:0)
  4. DC 即席 Cx486SLC コントロール・プログラムセット(ユーザー評価:0)
  5. Hyper Status Display "HS" 各種の情報表示を行うツール(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック