DOSHIGH

MS-DOS3.3の環境において、MSDOS.SYSの常駐部をHMAに移動


ソフト詳細説明

 DOSHIGHはNEC MSDOS3.3の環境において、MSDOS.SYSの
常駐部をHMA領域に移動させるものです。
つまり、DOS3でMS−DOS Ver5.0もどきの環境を実現させてしまおうと
いうちょっと危ないものです。
『まだまだ、DOS5ヘの移行はちょっと』という方にはお勧めです。

およびメモリを骨までじゃぶる為の関連ツールが同梱されてます。
使い方等はそれぞれのドキュメントを参照してください。

動作環境

DOSHIGHの対応動作環境
ソフト名:DOSHIGH
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: Mr.No 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

常駐  MSDOS  SYS  HMA 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. lhon/lhoff DOS5,DOS6でcommand.comをUMBにロードする超小型(20bytes×2)ユーティリティー(ユーザー評価:3.5)
  3. XFLUT ファイルズバッファ HMA/UMB 拡張ユーティリティー(ユーザー評価:4.5)
  4. ESWITCH expand(?)switch(ユーザー評価:0)
  5. GCMEM グラフィック文字とテキスト文字によるリアル/プロテクト/EMS/VCPI/XMSメモリ容量表示(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック