tools for DOS5

DOSにUMBの場所を教えこませる


ソフト詳細説明

○オプション
device=5.com [/l] [/f{5-255}] [/b{1-99}]

/l DOSにUMBの場所を教えこませます。command.com起動後にLHコマンドが
有効になります。
EMM386.EXEを使用してDOS=UMBでUMBを使用可能にした場合、EMM386.EXEがUMBの
MCBのチェ-ンを二重構造にしてしまって外側のMCBは使われなくなりUMBを損させて
います。EMM386.EXEでUMBを目いっぱい使いたい場合に試してみてください。
(MELWARE Ver.5のMELEMM.SYS,MELEMM.386もEMM386.EXEと同じUMBの作成を行っ
ています。ここまで同じにしなくてもいいのに!!)
また、XMSドライバーのUMBのファンクションをサポートしていないUMBが作れる
デバイスドライバーを使用する場合にも力を発揮します。
DEVICEHIGHによるUMBへのデバイスドライバーの組み込みは無効になりますので
UMBへの組み込みは拙作DH.COMを使ってください。

/fn HMAにn-5のfilesを拡張します。n=5とした場合、拡張しません。
nが大きすぎてHMAに拡張できなかった場合またはDOSがHMAに移動して
いなかった場合はfiles=5と同じになります。
NECのDOS5の場合、20ぐらいを指定してみてください。
この指定をした場合、config.sysのfilesの指定は必ず無効になります。

/bn UMBにBUFFERSを拡張します。DOS5のBUFFERSは64Kバイトを越えられないという
制約がありますから、nの指定によって64Kバイトを越えた場合は64Kバイトを越えな
いようにnが補正されます。
UMBに確保できるだけの空きがない場合は拡張を中止します。
この指定をしてUMBに拡張できた場合、config.sysのbuffersの指定は無効にな
ります。

/f,/bはsysinitのコードで検索しています。

動作環境

tools for DOS5の対応動作環境
ソフト名:tools for DOS5
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: Mr.No 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

場所  UMB 


「メモリ用」カテゴリーの人気ランキング

  1. VEM486 Virtual XMS/EMS/VCPI Memory Server(ユーザー評価:4.5)
  2. RAMBIOS BIOS 強制 RAM 化(ユーザー評価:0)
  3. EMS2XMS 8086でも利用できるXMSドライバ(ユーザー評価:0)
  4. RSWAP Resident SWAP -- 子プロセス起動時に親プロセスをSWAP OUTするTSR(ユーザー評価:0)
  5. ADDBUF EXT_TPA用 バッファ領域拡張(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック