NUMEXP

数の大小比較実験のプログラム


ソフト詳細説明

数の大小比較判断時間に見られる現象
 被験者に一桁の数字の対を示し、値としての大小判断を求める実験がありま
す。このとき被験者は、教示により大きい方(大選択条件)または小さい方(
小選択条件)を選択するわけですが、それまでの時間、すなわち反応時間(R
T)について大きく3つの現象が知られています。
 ?distance効果:RTは提示された2つの数の差の絶対値の増大につれて減
少する(Moyer and Landaure(1967))。
 ?min効果:RTは提示されたうち、どちらか小さい方の値の増加につれてリ
ニアに増大する(Parkman(1971))。
 ?意味一致効果:大きい値どうしの数字対のRTは、小選択条件でよりも大
選択条件で速くなり、逆に、小さい値どうしの数字対のRTは、
大選択条件よりも小選択条件で速くなる(Banks et.al.(1976))。
 これらの全ての現象について合理的に説明できるモデルは提案されていませ
ん。

動作環境

NUMEXPの対応動作環境
ソフト名:NUMEXP
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 児玉 公信 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

比較  実験  大小 


「医学・薬学」カテゴリーの人気ランキング

  1. KREPEL1 内田クレペリン検査を題材とした操作性・エラー過程の実験プログラム(ユーザー評価:0)
  2. AA40診断支援ソフト for DOS/V AA40診断支援ソフト for DOS/V(ユーザー評価:0)
  3. CALCON 各種イオンを含む溶液中のそれぞれの濃度を計算(ユーザー評価:0)
  4. YPCX MEDLINE,医学中央雑誌などの検索結果データをNiftyLog形式に変換(ユーザー評価:0)
  5. GC40R ガンマセル40エグザクターによるガンマ線照射時間計算プログラム(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック