G-PCM

自作ゲーム用PCMドライバ


ソフト詳細説明

このソフトは、自分で作成したゲーム用として開発されたPCM音源ドライバです。ゲーム用PCMドライバその名も「G−PCM」そのまんまじゃないか!

特徴
・最大16チャンネル分のPCMを計算して再生
・255個までのPCMデータを登録可能
・簡単な制御方法(DOSファンクションコール程度)
・ゲーム用なので量子化ビット数は8ビット固定により軽い?
・割り込み周期を最小にすることにより反応が速い!
・ソフトウェアボリュームによりスムーズな音量制御(左右別々)
・ソフトウェアサンプリングレートにより微妙な再生スピードが可能
・ステレオデータとモノラルデータの混在が可能
・ループ回数指定により勝手にループする(無限ループ有り)
・ハードウェアボリューム・サンプリングレートの変更可能(当たり前)
・EMSメモリがあればあるほど長いデータを登録可能(最大4G!ソンナノイナイ)
・実行ファイルが小さい
・86ボードにしか対応していない(;_;)

動作環境

G-PCMの対応動作環境
ソフト名:G-PCM
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 糸岡 崇 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ゲーム  ドライバ  PCM 


「音声 録音・再生」カテゴリーの人気ランキング

  1. EPP 各種のPCMファイルを変換しながら再生(ユーザー評価:0)
  2. WAVYPLAY 86音源ボード専用、波形の見えるPCM & CDプレイヤー(ユーザー評価:0)
  3. PMIX ADPCMデータミキサー(ユーザー評価:0)
  4. WSN-DX Supporter WSN-DX2/DX4のPCM音源を、MS-DOSで利用(ユーザー評価:0)
  5. PDRV 86音源用PCMどらいばぁ(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック