SPICE

MMLから標準MIDIファイルを作成するシステム


ソフト詳細説明

SPICE - Score Piece Compile Engine -「楽譜コンパイルエンジン」は、テキストファイルから標準MIDIファイル(Standard MIDI File)を得るためのシステムです。

MIDIによる演奏ファイルを作る手段として、現在はシーケンサーソフトによるステップ入力やリアルタイム演奏入力、「音符を楽譜に書き込む」システムなどが一般的です。前者は音楽業界でコンピュータ音楽の初期から行われてきた方式、後者はWindowsなどのGUI技
術の発達で「初心者にわかりやすい方法」として評価を得ています。

さて、コンピュータによる演奏ファイル作成方法のひとつに、「MML」があります。これは、「コンピュータ言語により演奏するプログラムを書く」方式です。特定の演奏用ハードウェアを制御しやすく、設計や移植が比較的簡単で、コンピュータにも負担の軽い方式であるため、今なおゲーム用の音楽演奏システムとしては重宝されています。

SPICEシステムは、MML方式の演奏ファイル作成システムです。楽譜をテキストファイルの形で入力し、コンパイルを行なうことで標準MIDIファイルを作成できます。

SPICEの特長

全機種・環境で同一のソースファイルを扱えます。またSMFファイルを出力するため、コンパイル後のファイルも全機種・環境で同一に扱えます。
SC-55・SC-88・MU-50・GM規格音源に対応。対応外機種に対しても定義ファイルを記述することにより対応可能です。
最大255トラックまでのデータを記述できます。
マクロ機能により、アドレス値などのシンボル化やシーケンスデータの簡略な記述が可能です。
シーケンシャル・パラメータ・コントロール(SPC)機能により、各種コントローラの細かい制御が見通しよく行なえます。
逆コンパイラを用意、既存のSMFデータからの流用が行なえます。

対応環境

・統合環境(VisualSPICE上)
Windows 95/98/Me/NT4/2000

・コマンドラインコンパイラのみ(別途エディタ・SMFプレイヤーが必要)
Windows 95/98/Me/NT4/2000
MS-DOS(PC-9801・FM-TOWNS・PC/AT互換機)
X68000
FreeBSD/NetBSD/各種Linux

動作環境

SPICEの対応動作環境
ソフト名:SPICE
動作OS:Windows Me/2000/NT/98/95 UNIX X68000 MS-DOS
機種:IBM-PC PC-98 FM X68000
種類:フリーソフト
作者: 後藤 浩昭 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

MIDI  MML 


「変換」カテゴリーの人気ランキング

  1. MF2T/T2MF 標準MIDIファイルとテキストを相互に変換(ユーザー評価:0)
  2. MID2TXT 標準MIDIファイルをテキストファイルに変換する(ユーザー評価:0)
  3. MSR MID → RCP/R36 コンバータ(ユーザー評価:0)
  4. CVS MCP/RCP/R36 → 標準MIDI ファイルコンバータ(ユーザー評価:0)
  5. SNG2S SNG to Midi file converter(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック