ATCC

AuTomatic Current directory Changer for MIMPI & DECOP & general use


ソフト詳細説明

■作成動機
 少し前に、ある BBS で目にしたのですが、MIDI data を playbacker で再生する場合に、曲 data のある directory に移動しないと困る場合がある、というものです。これは、選曲 tool を利用する場合に起きる問題です。filer などでの拡張子連動機能を上手く使えば問題にならない事なんですが..。
 MIMPI で WRD 付き data を再生する場合に、WRD の中で外部 program 起動 command である @exec() を用いている時、MIMPI はそこで呼び出される program(.com / .exe file)に曲 data の path を付加して実行してくれます。これにより、WRD 関連の file を同じ directory に収めておけば、安心して曲の再生が出来るというものです。
 ところが、仮に、@exec() の program に対する parameter に file が含まれていた場合、その file までは MIMPI では認識できません。例えば、love.sng という曲 data が c:\midi\data\ という directory に存在し、同じく、その WRD である love.wrd があり、また、love.wrd の中で
@exec(love.exe /y /o /u letter.txt)
なんて記述があった場合、MIMPI は
>c:\midi\data\love.exe /y /o /u letter.txt
と path を付加して実行します。しかし、letter.txt までは認識できません。即ち、
  >mimpiv4.exe /e c:\midi\data\love.sng
などと command line で指定した場合に、先の @exec() は正常に実行されません。
 多くの選曲ツールの中の、例えば、DECODECO、MIDS などでは、このスタイルで playbacker を起動しています。曲 data に path を付加して実行するというスタイルです。一方、JUKEBOX などは、曲 data のある directory に current を移して実行しています。
 さて、ややこしい話しが長くなりましたが、そういう症状に対処すべく作成したのが atcc.com なのです。

■機能概要
 atcc.com は、先のような場合に、実行 file に与えられた parameter 中の path+filename 中の path を拾って、そこに current directory を移し、filename のみにして実行します。すべて終了すると、起動時の directory を current に戻します。

動作環境

ATCCの対応動作環境
ソフト名:ATCC
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: zou 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

MIMPI  use  DECOP  directory  general  AuTomatic  Current 


「音楽関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. ビープ音楽 作成ソフト BPMUSIC 昔なつかしいブザー音楽を楽しもう!という気楽な音楽ソフト(ユーザー評価:0)
  2. DTM Player for PC-98 SMF形式(.MID .RMI),RCP形式(.RCP .G18 .G36 .R36)を再生できるDTM Player(ユーザー評価:0)
  3. NK26KS YM2203用ソフト ステレオ化プログラム(ユーザー評価:0)
  4. MIDI Random Player(MRP) 常駐型 連続演奏 標準MIDI/RCPプレイヤー(ユーザー評価:0)
  5. MUAP98/iv DSP 用壁紙集 みゅあっぷ用の壁紙集 6.42d 以降で利用可能(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック