RPRN

RCPファイルのテキスト出力ユーティリティー


ソフト詳細説明

 このRPRN.EXEは、RCM Ver2.Xの曲ファイル(拡張子がRCP)をテキスト化して、標準出力へ出力するユーティリティーです。 リダイレクトを利用することにより、テキストファイルにすることもできます。今回のバージョンでは RC Ver2.5FのR36ファイルにも対応しました。データの表現方法は、RCM2の表現方法とほぼ同じ形式にしました。また16進数データとしても表すことが出来ますので、ファイル解析にも役立つかと思います。

動作環境

RPRNの対応動作環境
ソフト名:RPRN
動作OS:MS-DOS
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 後藤 龍二 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

テキスト  ユーティリティー  RCP 


「RCM」カテゴリーの人気ランキング

  1. RHELP レコンポーザ上で音源のコントローラを通常のコントローラ同様に入力可能に(ユーザー評価:0)
  2. RCPCH RCPファイルの各種変更ユーティリティー(ユーザー評価:0)
  3. RCP/R36 Humanizer RCP/R36データに人間味を与える(ユーザー評価:0)
  4. SC-88 コントロールデータ集 DOS レコンポーザー用 SC-88 コントロールデータ集(ユーザー評価:0)
  5. ntone MIDIプレイヤー「nplay55」専用 常駐型音色名表示アダプター(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック