M2R

MMLファイルをRAYデータに変換するコンバータ


ソフト詳細説明

4.1iからの変更点


★ Rayデータチェーン先でのジャンプの指定ができるようになりました。

F:PARAMETER(code);
と、やっておくとRayデータチェインした先でキー番号がcodeのキーが押された
状態になります。このキー番号に対応したジャンプを設定すると自動的にジャンプ
します。

これを応用することで高度な条件分岐処理が実現できます。

動作環境

M2Rの対応動作環境
ソフト名:M2R
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: 内田 友幸 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

変換  コンバータ  RAY  MML 


「RAY」カテゴリーの人気ランキング

  1. Ray RAY Personal Computer Audio & Visual 総合ソフトウェア(ユーザー評価:0)
  2. RAY2SMF Rayファイル→スタンダードMIDIファイルコンバータ(ユーザー評価:0)
  3. FIO 画像フェイド・イン/アウト 作成支援(ユーザー評価:0)
  4. RMENU Rayデータ選択メニュー(ユーザー評価:0)
  5. RAC RAYデータのグラフィックを圧縮(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック