LSP(light SOUP processor)

画像データの表示や音楽の演奏を統合的に管理するインタプリタ言語


ソフト詳細説明

LSP( ライトスーププロセッサ )は画像データの表示や音楽の演奏を統合的に管理
するインタプリタ言語です。PC9801のグラフィック画面を使用したデモ、
複数のプログラム実行を選択するメニュー、画面レイアウトのテストなど
に利用するために開発されたものです。
LSPは以下のような特徴があります。

 ・簡単な命令セットと、即実行できる手軽さ
 ・MAG,RGBなどの画像形式に対応
 ・マウスによる選択、実行が可能
 ・FM音源、MIDI楽器による音楽演奏ルーチンを内蔵
 ・子プロセス実行による外部プログラム使用が可能
 ・ソースファイルと複数のデータファイルをリンクして1つの
  ファイルにまとめることが可能・LSPの用途

アイデア次第で色々な場面で使用できます。

 ・CG集、音楽集の作成
 ・ゲームのオープニング、タイトル、エンディングなどに
 ・複数のファイルから1つを選んで実行させるメニュープログラムに
 ・店頭や即売会でのデモンストレーション
 ・学園祭での案内、展示などに
 ・画面レイアウトの試作
 ・キャラクタデータ作成、変換などに

とは言え、通常はあまり使うものではありません(^^)。Cでプログラムを
組むのは面倒だけど、手軽にできるならやる…程度のことを支援するため
のソフトだと思ってね。
・動作環境
PC9801,PC9821シリーズまたはその互換機のMS-DOS上で動作します。
V30以上のCPUと、16色が表示できる必要があります。
マウスを使用する場合でもマウスドライバは必要ありません。
待ち時間などの動作スピードは、周波数クロックなど本体の速度に
関係なくすべての機種で同じになります。

動作環境

LSP(light SOUP processor)の対応動作環境
ソフト名:LSP(light SOUP processor)
動作OS:MS-DOS
機種:PC-98
種類:フリーソフト
作者: おにたま 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

音楽  言語  演奏  インタプリタ 


「マルチメディア関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. あう゛ぃ君 DOS上で、動画ファイル(Video For Windows)を再生する(ユーザー評価:3.5)
  2. JVJI ハイパーテキストシステム(ユーザー評価:0)
  3. LSP(light SOUP processor) 画像データの表示や音楽の演奏を統合的に管理するインタプリタ言語(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック