GNU 自由文書使用許諾書

GNU Free Document Licence の非公式な翻訳


ソフト詳細説明

2000年3月に GNU が発表した GNU Free Document Licence に、訳文をつけてみました。 この翻訳は私的なもので、GNU が認める公式のものではありません。
もっとも、これに限らず、GNU は翻訳によるものを正式なものとは認めていません。

前回の LGPL 翻訳では読みやすさを目指したのに対し、今回は文語調の重々しい文体になっています。これは原文の調子をなるべく活かしたかったからであり、創作文芸での利用を考慮したからでもあります。(今さら『文学』などとは申しません。現代日本文学などとっくに死んでいます)
原文は1文が非常に長く、切れ目なく続きます。見方によっては、重く暑苦しくねちっこい文章ですが、起草者の熱意はこの文体にこそ現れているように思えるので、普通の口語訳にはしませんでした。

この圧縮ファイルには、Shift_JIS + CRLF で書いたテキストファイルとHTML文書を同梱してあります。HTML版では利用者の便利のために、原典にはないハイパーリンクが張り巡らしてある上、目次までつけています。この目次は原典にはないので、再配布にはご注意ください。
なお、訳文及び当該ファイルの内容についても、この License を適用するものとします。

動作環境

GNU 自由文書使用許諾書の対応動作環境
ソフト名:GNU 自由文書使用許諾書
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:GPL
作者: 魔術幻燈 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

GNU  Document  翻訳  Free  非公式  Licence 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 苦しんで覚えるC言語 市販入門書と同等の完成度を持つ初心者向けのC言語入門書(ユーザー評価:3.5)
  2. PDSQL SQLライクの記述でXML文書を操作するPHPライブラリ(ユーザー評価:0)
  3. 長いファイル名の基礎講座 第一回〜第九回 長いファイル名の基礎講座 第一回〜第九回(ユーザー評価:0)
  4. Barcode.jar Java開発者向けバーコード生成ツール(クラス群)(ユーザー評価:0)
  5. AstahApi2Cpp AstahからC++のスケルトン・ソースを生成する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック