重量比による必要薬液量の算出

全薬液量(ml)に含まれる溶質の割合から必要な薬液の投薬量を求めます


ソフト詳細説明

(溶媒+溶質)の量:全溶質量=求める投与量:指示溶質量、つまり、求める投与量=(全薬液量×指示溶質量)÷全溶質量(単位:ml)薬剤投与の原則(患者氏名・薬物名・投与量・使用方法など)を厳守し、医療事故を防いでいます。特に、投与量の単位に気をつけないと大変なことになります。薬理効果・副作用の状態を観察します。今回の看護数式は、例えば、少量単位の全薬液量1mlに含まれている薬液5mgの注射薬液から、2mgを筋肉注射が指示された場合、何mlを注射器に吸引し、投与するか?という看護数式のプログラム作成となります。具体的数式は、(1ml×2mg)÷5mg=0.4mlが求められるものにします。

動作環境

重量比による必要薬液量の算出の対応動作環境
ソフト名:重量比による必要薬液量の算出
動作OS:Windows Me/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

割合  ml  投薬  溶質  薬液 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 点滴滴下数 3種類の輸液セットの点滴滴下数を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 心電図の心拍数の計算 心電図の心拍数計算と同時に脈拍の正常、異常を判別(ユーザー評価:0)
  4. 古典の英訳 小説近未来の世界観(ユーザー評価:0)
  5. 漬物帝国の陰謀 栄養生活の豆知識と専門雑学(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック