カルシウムの補正(Pyne法)

カルシウム血症と低カルシウム血症のいずれかのカルシウムの補正量を求めます


ソフト詳細説明

骨格の構成、血液の凝固、神経や筋の興奮性、細胞のイオン誘導性、酵素の活性化、ホルモンの分泌などの働きをするカルシウムを補正する場合の補正量を求めます。カルシウム濃度の調整障害が起きた原因を理解しておきます。高カルシウム血症と低カルシウム血症のいずれかでカルシウムの補正が必要になります。入力ボックスは患者のCa濃度とアルブミン量の2つです。計算開始ボタンを押しますと、カルシウムの補正(Payne法)の量が求められます。

動作環境

カルシウムの補正(Pyne法)の対応動作環境
ソフト名:カルシウムの補正(Pyne法)
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

補正  いずれ  カルシウム 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 平均血圧・血管弾性度 血管内の圧力の強さ(血圧の高さ)を反映している平均血圧の看護数式(ユーザー評価:0)
  3. 動脈硬化指数算出 動脈硬化を動脈硬化指数から判断(ユーザー評価:0)
  4. 糖尿病の病気診断 WINDOWS〜MS-DOS病気診断(ユーザー評価:0)
  5. 背柱管の時間当たりの髄背髄液の産生・排泄量 腰椎穿刺後の髄液採取量や穿刺孔からの髄液の漏出対応(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック