アシドーシスの初回補正量(1日当たり)

アシドーシス(血液の酸性化)の1日当たりの補正量を求めます


ソフト詳細説明

アシドーシス(血液の酸性化)の1日当たりの補正量を求めます。BE(base excess塩基余剰):炭酸ガス分圧(Pco2)40mmHg、体温37℃の条件下で、1?の血液のpHを7.40に戻すのに必要な酸の量を表します。+BEは代謝性アルカローシス、−BEは代謝性アシドーシスを表します。 塩基余剰は、体温37℃でPaCO2が40mmHgのとき、1?の血液のpHを7.40に戻すために必要な酸または塩基の量をmEq/lで表したもので、アシドーシスが呼吸性か代謝性かを見分ける指標となっています。補正中の滴下速度(ゆっくり)を守り、副作用の発現を観察します。メイロンはナトリウム負荷となり循環血漿量を増やすので、血圧や浮腫の発現を観察します。高ナトリウム血症予防のため、心不全や腎不全の患者にはゆっくり滴下します。アシドーシスの改善によりカルシウムが細胞内に移動し、低カリウム血症を起こします。アシドーシスの改善に伴い、カルシウムの蛋白結合が亢進し、低カルシウム血症(テタニーなど)を起こします。急激なPco2の低下は、脳血管の収縮により低酸素血症やショック、アルカローシスを起こすので除々に改善されます。症状の変化を観察します。血液ガスの結果で補正状況が確認されるので準備

動作環境

アシドーシスの初回補正量(1日当たり)の対応動作環境
ソフト名:アシドーシスの初回補正量(1日当たり)
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

補正  血液  アシドーシス  酸性 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. EXCEL活用によるQC&MCの改善 EXCEL対応のパソコン活用によりQC&MCの改善・向上する統計的処理を学習(ユーザー評価:0)
  3. 前立腺疾患 男の泌尿器-前立腺の病気は多くの男性に発症します また、原発癌の温床ともなります(ユーザー評価:0)
  4. 点滴終了時間 3種類の輸液セットの点滴滴下数を求めます(ユーザー評価:0)
  5. 急性腎不全の判断 糸球体濾過率が急激に減少し、尿毒症を呈する急性腎不全の判定に用います(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック