蒸発によるエネルギー喪失量

不感蒸泄量1g当たりの気化熱により喪失するエネルギー量が求められます


ソフト詳細説明

蒸発は水分がその表面で気化することをいいます。人体では不感蒸泄と発汗によって行われます。ひの際の熱の放散を気化熱といいます。気温が高くなると蒸発による熱の拡散が亢進し、不感蒸泄量1g当たりの気化熱により喪失するエネルギー量が求められます。発汗は水分の喪失のみでなくエネルギーも喪失させるので、水分の補給とともにエネルギーの補給も考えて看護が展開されます。汗による不快感だけでなく気化熱によるエネルギーの消費を防ぐために汗を乾布で拭きます。汗で湿った着衣を交換します。適切な病室環境を整えます。今回の看護数式から蒸発によるエネルギー喪失量は不感蒸泄量(g)と気化熱(0.578kcal/g)の入力から求められるので、すでに学習済みの「不感蒸泄量の求め方」を参照して、最初に不感蒸泄量を求める体重と体温の入力をします。これより求めた不感蒸泄量に気化熱を乗じた結果を出力ボックスに表示させます。それと同時的にメッセージボックスにも蒸発によるエネルギー喪失量をコメントします。

動作環境

蒸発によるエネルギー喪失量の対応動作環境
ソフト名:蒸発によるエネルギー喪失量
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エネルギー  喪失  蒸泄  不感  気化 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 痴呆判断知識とボケ自己判定(HDS-R利用) 改訂長谷川式簡易知能評価スケールの試行と痴呆判断の検査の概括(ユーザー評価:0)
  3. 混合液の作り方 濃度の異なる溶液を混ぜ合わせ濃度の異なる溶液の量を求めます(ユーザー評価:0)
  4. 意識障害の原因と観察のボイント 「アイウエオチップス」の暗誦語と救命救急の意識障害の観察ボイント(ユーザー評価:0)
  5. グラスゴー昏睡スケール 意識障害の程度の判定(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック