気胸の虚脱率

自然気胸、外傷性気胸、人工気胸などで肺に虚脱を生じた場合にX線写真から虚脱の程度を求める


ソフト詳細説明

2次大戦直後に左肺肩甲骨あたりに≒20ミリ径の肺浸潤が出て人工気胸という治療をうけました。幸いに半年ほどで浸潤の影が消えて、職場に復帰できました。治療は絶対安静状態で左肋骨間から空気を気胸の間に入れ、人工的に肺に虚脱を与えるものでした。1週間に1回充填気の補給がありました。今回の学習課題は過去50年ほどまえの医療法を思い出しながらまとめてみました。当時、このような数式の知識はありませんでした。現在の人工気胸はX線写真などや計測器の進歩もあって患者を納得させる虚脱率フイードバックと治療法に適応した看護が行われているのは心強いことです。

動作環境

気胸の虚脱率の対応動作環境
ソフト名:気胸の虚脱率
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

写真  場合  自然  人工  外傷  気胸  虚脱 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 分娩予定日の計算(ネーゲレの概算式) 出産予定日を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 左房負荷とP波のモーリスインデックス 心電図のP波から心臓弁膜症(僧坊弁不全)の考察をいたしました(ユーザー評価:0)
  4. 古典の英訳 小説近未来の世界観(ユーザー評価:0)
  5. 漬物帝国の陰謀 栄養生活の豆知識と専門雑学(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック