鉄の投与量

術後の鉄の喪失を補正するするために投与する鉄剤の計算


ソフト詳細説明

 体重とヘモグロビン量を知って鉄の喪失量を推察していますが,勿論,かかりつけの先生のご意見に従って鉄剤の投与は普段の食事からの経口とときたまにヘム鉄入りの飴玉をなめ,採血のHb値の変化に注目しているのが現状です。ヘモグロビン量(Hb)=血色素量,加えて,体重のいかんにより鉄分管理はこのようなソフトを作成しますと,当然ですが,人間の健康管理はなかなかにシビァーなものを感じます。最近は立ち眩みをしばしば感じるようになりました。
 ヘモグロビン量の胃癌術後の減少は,胃癌術後(2000/2)=11.8,(2000/06)=11.3,(2000/09)=10.7,(2000/11)=9.8といった減少ぶりにあります。今回の看護数式を使用しますと鉄剤の投与対策の必要を痛感いたします。

動作環境

鉄の投与量の対応動作環境
ソフト名:鉄の投与量
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

補正  喪失  投与  術後  鉄剤 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  2. 高カロリー輸液(TPN)の基準 経口摂取・経管栄養不可能な場合の栄養管理TPNのカロリーや蛋白質量を求めます(ユーザー評価:0)
  3. 混合液の作り方 濃度の異なる溶液を混ぜ合わせ濃度の異なる溶液の量を求めます(ユーザー評価:0)
  4. 循環赤血球数の計算 ヘマトクリット値と体重および循環血液量から循環赤血球数を求める(ユーザー評価:0)
  5. 老人性白内障眼内レンズ度数決定 老人性白内障手術の眼内レンズ度数決定の看護数式(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック