輸血の効果

濃厚赤血球1単位(200ml)で増加する赤血球数とHb量


ソフト詳細説明

前立腺肥大の手術2回の中間に輸血を体験しましたが,必要輸血量の算出には,その前提的看護数式として,濃厚赤血球1単位(200ml)で増加する赤血球数とHb量があります。これが輸血の効果と知ってよいものです。迂生の75歳時の輸血は,尿閉塞までになった前立腺肥大の緊急手術時のヘモグロビン8.0g/dl以下,ヘマトクリット30%以下の症状が輸血の対象になったと推定されます。ご担当の先生が輸血はしたくなかったと申していましたが,その時の体内血液量が,併発していた胃潰瘍が手術前夜の浣腸時の下血のため不足し,手術中の不整脈発生となって輸血が必要になったと7年後の現在になって推測できるようになりました。一時は前立腺手術中のトラブルという疑念がありました。その推測を確認する意味で今回は,輸血の効果を学習いたしました。別途必要輸血量の算出も学習いたします。

動作環境

輸血の効果の対応動作環境
ソフト名:輸血の効果
動作OS:Windows 98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 原 系之助 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

増加  赤血球  ml  Hb  濃厚 


「ドキュメント」カテゴリーの人気ランキング

  1. 心係数 身長、体重、血圧、脈拍からの出血性ショックの診断の1指標の心係数看護数式(ユーザー評価:0)
  2. 血液検査結果の記録整理 VBScriptによる血液検査結果のHTML自動作成(ユーザー評価:0)
  3. 股関節の荷重 体重が1/3ずつに分散されて股関節にかかる荷重を求めます(ユーザー評価:0)
  4. 脂肪乳剤の投与量 糖やアミノ酸(蛋白質)の約2倍の熱量をもつ脂肪乳剤の1日限界投与量を求めます(ユーザー評価:0)
  5. 咳嗽によるエネルギー消費 咳嗽1回につき消費するエネルギー量に回数を乗じて消費エネルギーを算定(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック