液晶表示モジュールを4ビットモードで使ったとき

マイコン工作でよく使われる液晶の接続についてレポート


ソフト詳細説明

「トラ技」の記事などでよく使われている16文字×2行の液晶表示器「SC1602」、これを4ビットモードで使ったときの未使用ピンである「DB0〜
3」を未使用ピンの処理ということなのでしょう、直にGNDに落としている回路をみかけます。
データ線は双方向の信号です。4ビットモードでは空きになるとはいえ、単純にGNDに落としてしまって良いものかどうか、考察してみました。

動作環境

液晶表示モジュールを4ビットモードで使ったときの対応動作環境
ソフト名:液晶表示モジュールを4ビットモードで使ったとき
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 下間 憲行 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

レポート  マイコン  液晶  工作 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. AMRC-696 回路図 6m QRP AM トランシーバー(AMRC-696)回路図etc.(ユーザー評価:0)
  2. SHARP PC-G850解析資料 PC-G850を徹底解析。I/O命令、ワークエリアetc...ポケコンを極めるための資料(ユーザー評価:0)
  3. VHDL HEX FILE ライブラリ VHDL言語のシミュレーションModel-simで、4bit 未満の16進リテラル入出力ファイルをサポートするライブラリ(ユーザー評価:0)
  4. PICタッチ・オルゴール PICのタッチセンサを使った電子オルゴール(ユーザー評価:0)
  5. 液晶表示モジュールを4ビットモードで使ったとき マイコン工作でよく使われる液晶の接続についてレポート(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック