ガウス素数 約9万個のデータ

素数を複素平面上に拡張したデータ


ソフト詳細説明

ガウス素数約9万個のデータです。

☆ガウス素数って、なに?

 通常の素数を、複素平面上(ガウス平面上)に拡張した概念です。例えば、2は普通の意味で素数ですが、ガウス平面上では、2=−i(1+i)^2という風に、因数分解が出来てしまい、素数ではなくなります。5も−i(1+2i)(2+i)と展開できるので、ガウス素数ではありません。一方、(1+i)という複素数は、これ以上分解できず、ガウス素数になります。一般的には、「虚二次体」という代数学上の分野で研究されています。このようなガウス素数は無限に存在し、そのおおよその数は素数の分布と関係があります。

☆何でこんな計算したの?

 ガウス素数は、第一象限に限れば通常の素数と同様の一意分解性が成り立ちます。そこで、整数論の様々な問題を複素数上に拡張した場合、どうなるかということを検討しようと思いました。例えば、整数論で重要な意味を持つ逆数和は、通常の素数ではπを使って表せますが、ガウス素数の逆数和にはωという、レムニスケートに端を発する数値が出てきます。

 この辺の話はそのうち同人誌として発行する予定です。

☆注意
 このデータはフリーです。どのように使っても構いません。
もしもっと興味があり、ガウス素数のもっと大きなデータを希望する場合、下記URLからご連絡ください。実部虚部それぞれ10000までの範囲で探索したデータ(約150メガ)があります。

☆アーカイブ構成
g1k-srt.csv ガウス素数のデータ。CSV形式。カラムは順に 絶対値の2乗,実部,虚部 である。
g1k-cnt.csv ガウス素数の数。区間,その間のガウス素数の数
gauss.txt 解説(このファイル)

 同人誌サークル☆暗黒通信団 http://www.minato.net/~kana/dark/ (2001/3現在)

動作環境

ガウス素数 約9万個のデータの対応動作環境
ソフト名:ガウス素数 約9万個のデータ
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 星野 香奈 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

複素  平面  素数 


「算数・数学」カテゴリーの人気ランキング

  1. Mat@Scilab フリーでMATLABを学ぶことができる(ユーザー評価:0)
  2. 切符の4桁で10を作る問題の解答 切符に記された4桁の数字で10が作れるか?の解答(ユーザー評価:0)
  3. 因数分解20問自動作成 for Excel 2010 因数分解のプリントを設定に応じて解答付きで自動作成する(ユーザー評価:0)
  4. ナップザック問題解答用Excelマクロ ありそうですぐには出てこないナップザック問題を解くマクロ(ユーザー評価:0)
  5. 算数計算小テスト 表計算ソフトの基本操作のみで使える、算数の計算小テスト(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック