カロリー計子NST_ODA版

栄養アセスメントソフト、栄養管理ソフト、輸液処方計算、電解質処方、NSTラウンド、SDA、ODA


ソフト詳細説明

カロリー計子は、栄養サポートチーム(NST)の補助ツールです。
Nutrition Support Team (NST:栄養サポートチーム)
この[カロリー計子NST_ODA版]:「必要カロリーの計算」は、完全なオリジナルです。
作成当初は、輸液処方・電解質換算と同じファイル内に、このシートを作成していました。
このファイルは、NSTラウンド時等の「必要カロリーの計算」です。
NSTラウンド、病棟回診時の栄養のチェックにも適しています。

この「カロリー計子NST_ODA」は、SGAやODAのツールとして、お役立て下さい。
医師、薬剤師、看護師、栄養士、その他のあらゆる職種の人にも
簡単に使用できる栄養管理ツールです。



★動作環境について

単純にEXCELで、作成していますが、現在発売の他社の表計算ソフトでも
動くことを確認しています。
動作環境は、表計算ソフトが動けば、
UNIX系(Knoppix,Fedora,Ubuntu,Plamo,Momonga,SUSE,Puppy,FreeBSD,Sun他)
Windows系(Windows8/7,WindowsVista/XP/2000/NT,WindowsMe/98/95,Windows3.1他)
Mac系(Mac OS 7.6〜Mac OS 9.22,Mac OS X以降)
その他OSの種類は問いません。
表計算ソフト自体がインストーされていれば、動きます。
ですので、このソフトのインストール、アンインストールはありません。



★ソフトの種別について

ソフトの種別は、フリーソフトです。
ですが、著作権は放棄していませんので、コピーライトの部分は消さないで下さい。



★カロリー計子(必要カロリーの計算)の使い方について

使用方法
1:カロリー計子の入力は、[必要カロリー]のシートタブで、プルダウンリストから、項目を選びます。
2:項目(NST_DATAのシート参照)に応じた内容を選びます。
3:数値(身長・体重etc)を入力します。
※:ファイル内の[入力方法]のシートタブの内容をご参照ください。



★参考書籍(データー)

日本人のデーターを参照に作成しています。参考書籍は以下の通りです。
日本人の新身体計測基準値 : JARD 2001
メディカルレビュー社, 2002.2
タイトル別名:Japanese anthropometric reference data 2001
タイトル読み:ニホンジン ノ シン シンタイ ケイソク キジュンチ : JARD 2001
日本栄養アセスメント研究会が、身体計測基準値検討委員会を組織して実測7640例、
有効5492例(男性2738例、女性2754例)、
対象年齢18〜85歳以上として現代日本人の身体計測基準を算出し発表したものです

動作環境

カロリー計子NST_ODA版の対応動作環境
ソフト名:カロリー計子NST_ODA版
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 太田垣 昌志 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

栄養  輸液  アセスメント  処方  ラウンド  電解  NST  ODA  SDA 


「医療・病院」カテゴリーの人気ランキング

  1. 診療情報提供書・一般文書テンプレート 診療情報提供書・一般文書のPDF汎用テンプレート(ユーザー評価:4.5)
  2. カロリー計子 輸液処方nonVBA 輸液処方管理ソフト、栄養管理ソフト、輸液処方計算(ユーザー評価:0)
  3. 自賠責診断書テンプレート 自賠責診断書のPDFテンプレート(ユーザー評価:0)
  4. 医薬品集fm2018 採用薬医薬品集(ユーザー評価:0)
  5. FM手術検査予約システム 病院などの手術や検査などを月別の予約表で管理する(ユーザー評価:0)

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

ベクターパスポートとは?


パソコンソフトを探すなら「Vector」
ソフトライブラリ
PCショップ
QuickPoint

その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック