WebAudioAPIを使ってブラウザだけでピアノとオルガン

対応ブラウザがあれば、ただそれだけで、簡単な鍵盤楽器ができ、和音も出せる


ソフト詳細説明

Web Audio APIを利用して、鍵盤楽器的な発声を、ブラウザのみで行うHTML5Webアプリケーションです。

今回の製作はフル・スクラッチで行いました。他のライブラリ等を使用しておりませんので、皆様がダウンロードされましたファイルを、ローカルな環境で使用される分にはwebへの接続は不要です。zipファイル内にはピアノとオルガンのhtmファイルが入っています。あと説明書のテキストファイルも入っています。

使用可能なブラウザは、Windows、Mac OS X、Android、iOSの最新のGoogle Chrome、Safari、Operaのうちのいずれかをお勧めします(今のところは)。現在のブラウザは、簡単なシンセサイザーの機能を持っています。

1回の打鍵について、最大で4つのオシレータを使用するという方法になっています。

ユーザーの方からの打鍵が起こりますと、APIのオシレータによる最大で4つの別々な音を発生させ、打鍵後のミリ秒に応じてその音の大きさの調節を詳細に定義した後に、その音を、おのおのフィルタに通します。すると、余分な成分を除かれた時刻ごとに変化する音が最大で4つ用意されます、最後にそれらを加えたものをスピーカーに流します。

したがって音色についても私の作成したものになります。
今回はピアノとオルガンの音色を作ってみましたが、いかがでしょうか。
実機の音のサンプリングなどは行っていません。音色についての耳コピになります。

アプリケーションの実行に関しては、皆様がダウンロードされましたzipファイル内のhtmファイルをGoogle Chrome等のブラウザでローカルな環境で表示して行ってください。他のソフトのインストールなどは不要です。終了する際は、ブラウザを閉じるだけで終了になります。
打鍵は皆様が使用されている文字を打つキーボードやマウスなどを使用します。

htmファイル内にcssとjavascriptの記述を含んでいます。
wavファイル、mp3ファイル、midファイル、swfファイルなどは同封されておりませんし使用いたしません。htmファイルだけで鳴ります。

和音も鳴ります。

ピアノの音の強弱の弾き分けをすることはできません。

フットペダルや足鍵盤に相当する機能はありません。

よろしくお願いします。

動作環境

WebAudioAPIを使ってブラウザだけでピアノとオルガンの対応動作環境
ソフト名:WebAudioAPIを使ってブラウザだけでピアノとオルガン
動作OS:汎用
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: たかはし ともたけ 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ブラウザ  楽器  鍵盤  和音 


「マルチメディア関係」カテゴリーの人気ランキング

  1. JRiver Media Center 24 とにかく音が良い! 高機能メディアプレーヤー(ユーザー評価:0)
  2. C&Cwmp ホームページでさりげなく&おしゃれにBGM再生!(ユーザー評価:0)
  3. Wave Super Resolution 音質を極力落とさずダウンサンプリング(ユーザー評価:0)
  4. WebAudioAPIを使ってブラウザだけでピアノとオルガン 対応ブラウザがあれば、ただそれだけで、簡単な鍵盤楽器ができ、和音も出せる(ユーザー評価:0)
  5. Until AM for Chrome 本格的なDJプレイが楽しめるターンテーブルタイプのDJプレイヤー(ユーザー評価:0)

「マルチメディア関係」カテゴリのソフトレビュー

  • JRiver Media Center 24 24.0.20 - ストリーミングサービスへの対応強化などが図られた高機能“ハイレゾ”メディアプレイヤーの新バージョン

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック