セレクション
・表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・解凍レンジ
・XADLAK-PLUS
・AutoMouse
・あとは よろしく
・サルのカレンダー

・VERSION UP
・ランキングダイジェスト
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・無料メールサービス
ベクターソフト情報メールサービス「ベックル」 --------

ハードな横スクロールシューティングゲーム
XADLAK-PLUS Version 4.00
for Windows ゲーム VERSION UP シェアウェア 1,500円

XADLAK-PLUS Bボタン([X]キー)で攻撃。耐久力ゼロなので回避が重要 小型の戦闘艇を操り、次々に現れる敵を撃破していく、横スクロール型のシューティングゲーム。

ゲームパッドでのプレイを想定しているため、キーボードで操作する場合も上下左右のカーソルキーと[Z]および[X]キーだけといたってシンプル。パッドの方向キーまたはキーボードのカーソルキーで自機を動かし、Bボタン(キーボードでは[X]キー)で攻撃する。移動時にAボタン([Z]キー)を押すとオーバーブーストにより急激な運動が可能となる。

敵の弾が1発命中するか、敵の機体や隕石(?)に触れるだけで自機は破壊され、3機失うとゲームオーバー。ところどころで現れる丸い物体に自機が触れると攻撃力をパワーアップできる。ステージは5面用意されている(試用期間中は第1ステージのみプレイ可)。

シューティングゲームが得意でない人にとってはハードだろう ウィンドウとフルスクリーンの両方でプレイでき、ウィンドウサイズは640×480と320×240のどちらかを選べる。フレームレートも60fps、30fps、15fpsから選択可能だ。

reviewer's EYE オプションのStockで自機の数を変更できる。デフォルトは2 正直いって筆者には難しすぎて攻略方法を見つけ出すのも大変だ。なにしろ自機には耐久力がまったくなく、一度被弾などしてしまえばそれでおしまいだから、最初のうちはアッという間にゲームオーバーとなってしまう。これはキーボードでは移動が4方向に限られるというせいもあるかもしれない(ゲームパッドでは8方向)。オプションによって自機の数を変更できるが、増やせるのは1機だけなのでむしろ上級者向けに数を減らせるといったほうが適切だろう。

グラフィックやBGM、効果音などはなかなかのレベルだ。K6/233MHzにRIVA128というやや古いマシンでプレイしたが、動きはなめらか。もっとローパワーのマシンでも十分に楽しめるだろう。

一点だけ要望を挙げるなら、ハイスコアでの名前の登録はパッド風にボタンを操作する現在の方法だけでなく、キーボードから普通にタイプ入力もできるようにしてほしい。

なお、動作にはDirectX 5以降が必要。
(福住 護)

ホームページ 作者のホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
「XADLKA」は、X68000というパソコンで最初作られたゲームです。X68K版でできなかった企画を再現しリメイクしたのが、このWindows版です。ゲームを作るのは、中学生のころからのあこがれで、これは一番最初に作ったゲームでもあります。

「XADLAK」って名前はタイトーに面接に行く途中、「ザ・ドラック 薬局」って店を見つけ、シューティングに使えそうな名前だなと思いとっておいたのを使いました。残念なのが、自分の実力を100%出し切れていないことでしょうか、このゲームの場合だと10%くらいですね。いま作っているファンタジーアクションRPGは100%実力を発揮し作っています。

それでは、これからもゲームをたくさん制作いたしますので、SPRITEをよろしくお願い致いたします。
(西村 俊也)

※ この記事は、'99年3月18日に公開されました。


Download
「XADLAK-PLUS」のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

シェアウェア(1,575円)
XADLAK-PLUS 4.00 横スクロール型シューティングゲーム (724K)



週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]