セレクション
・最新号の表紙に戻る
・この号の表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・ペルソナウェア
・B-ROOM
・FTP Voyager
・Banana98
・見多郎

・MORE NEWCOMERS
・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・無料メールサービス
ベクターソフト情報メールサービス「ベックル」 --------

おしゃれにして、本格的!! 完成度の高い四人打ち麻雀
B-ROOM Version 0.9b4
for Macintosh ゲーム VERSION UP フリーソフト

B-ROOM アニメーションの豊かな表情とサウンドがとてもお洒落なことに加え、マウスによる操作性も優れている 本格派の四人打ち麻雀ゲーム。コンピュータプレイヤー3人対人間ひとりというシステムでプレイする。

ユーザの好みにより東風戦、東南回し、東東回しなどのゲーム時間の長さや、ルールの設定(クイタン、先ヅケ、西入や、割れ目、トビの有無)を行うことが可能。操作はマウスのみで行え、不要牌を捨てる以外のアクションは、右側メニューのボタンで操作する。

基本的なルールの設定もプレイヤーの好みでカスタマイズが可能 ポンやチー、カンが可能な状態になると、キャンセル(スキップ)するか待ち時間が過ぎるまで右側ボタンの中で可能なアクションがハイライト表示される。このとき、カーソルは右矢印となっており、卓上をクリックすれば、進行が再開される。なお、この待ち時間も「2秒」「3秒」「ずっと待つ」から選択することが可能だ。

コンピュータ側のプレイヤー3人も思考によって手作りを行っているため、「捨て牌から手を推測する」という麻雀のエッセンスを十分に堪能することが可能なソフトである。

動作は68040を搭載したMacもしくはPower Mac(FAT版)となっており、601/66MHzといった非力なPower Macでもテンポのよいプレイを楽しむことができる。

reviewer's EYE 麻雀ゲームといえば服を脱ぐもの、という印象が強い中(笑)、この「B-ROOM」は、「センスのよい、お洒落な麻雀ゲーム」といえるだろう。画面を一見してわかるデザインのよさもさることながら、良好な操作性、「考えられた」打ち筋など、ゲームとしての完成度はなかなかに高い。

設定で「アニメーションあり」がチェックさえていれば(デフォルト)、コンピュータプレイヤーが実際に目の前で麻雀を打っているかのように動いてくれる。これが、他家の捨て牌時にも目線がそちらへ動いたり、ツモのときにも顔や上半身のライティングが微妙に変化したりと、非常にリアルな動きを再現してくれるのだ。特に対面のKUMIお姉さんの胸の谷間の微妙な変化は必見!!(笑)。

インタフェースはマウス操作を中心とした良好なもので、必要なアクションのボタンだけがハイライトされる設計や、最後の一順は[リーチ]ボタンに禁止マークがついたり、リーチの取り消し(捨て牌前)ができるなど、細かいところにも手が行き届いている。

プレイ結果が保存でき、ポイントによる総合順位と、あがり点のランキングが記録される また、サウンドもピアノをベースにしたテンポのよいもので、まさに「深夜にグラスでも傾けながらちょっと打ってみようか」というような仕上がりになっている。

もっとも、コンピュータ側の打ち筋はしっかりしているため、気を引き締めて相手をしないと、Resultsで記録されるプレイの結果や上がり点のランキングがコンピュータプレイヤーばかりということになってしまうかもしれない。ご用心を。

β版のため、6月15日までの使用期限がついているが、ダウンロードして損のない一本だと断言しよう。
(宮原 公文)

ホームページ 作者のホームページはこちら。なお、作者のホームページでは、PPC専用版も配布されている。

ソフト作者からひとこと
今宵は、B-ROOMへお越しくだされば、貴方のお相手をさせていただく、3人のMy Friendsを紹介させていただきます。

●上家「KIKUCHI」
KIKUCHI_JPG 堅い打ち回しを心掛けているようでございます。ただ、ちょっと弱気な感じもいたしましたので、「もう少し、強気に打ってもよいのではないか?」と私が申しますと、「おまえに、何がわかる」と、一蹴されたのでございます。

ある夜、KIKUCHI1,500点のラス目で迎えたオーラス、他家3人リーチ、残り一巡、誰もが「KIKUCHIぶっ飛び」を確信しましたとき、何と海底ラス牌9筒で四暗刻単騎自摸和、一気に二人ぶっ飛んで〆(しめ)、ということがございまして、それ以来「鬼自摸のきくち」と恐れられているのでございます。

●対面「KUMI」
KUMI_JPG 以前は、ところ構わず哭きまくり、安上がりばかりするものですから、「もう少し、状況を考えて哭いた方がよいのではないか?」と、私が申しますと、「いいの、いいの」と軽くあしらわれてしまったのでございます。

しかし、ある夜、KUMI42,000点のトップで迎えたオーラス、13巡目の上家親リーに、まさかののみポンテン、ドラの五索たたっ切って、ど高目親倍放銃真っ逆さまのラス落ち、をやらかして以来、やや慎重な打ち回しになったようでございます。

●下家「MARIMO」
MARIMO_JPG 麻雀は、大変好きなようですが、何分にも下手で、めったやたら放銃しまくっておりまして、ある夜など、うれしそうにパオ牌切ってピンフのみでリーチし、大三元ぶちこみなどするものですから、さすがの私も見かねて、「ちょっと困るなあ、そんなんじゃ恥ずかしくて、インターネットで公開できないじゃないかあ」と、少々きつめに文句を言いますと、むくれっ面になって部屋から出て行ってしまったのでございます。

しかし、ひとりひそかに麻雀本等読んで、研究していたようでございまして、最近はそこそこの打ち手になり、ラス目の私に、とどめのハネ満を打ち込ませたりするのでございます。

以上が、B-ROOMのMy Freindsでございます、お見知りおきのほどを。

また、このたび、My Freindsを紹介する機会を与えてくださったビッグサイト、Vector様には、この場を借りまして、心よりお礼を申し上げます。

では、B-ROOMで。さんきゅー。
(加藤 芳朗)

※ この記事は、'99年1月14日に公開されました。


Download
「B-ROOM」のダウンロードページにジャンプします。ダウンロードページからソフトをダウンロードできます。ダウンロードページには、作者データページへのリンクもあります。

現在公開ファイルがありません


週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]