セレクション
・最新号の表紙に戻る
・この号の表紙に戻る
----------
今週の注目ソフト
・Linkbot Express
・J's Pool Neo
・shotZ4
・OC_SCR
・iText

・MORE NEWCOMERS
・VERSION UP
・BACK NUMBER

・ご意見・ご感想
・メールサービス
--------

多機能・高速なWebページリンクチェッカ
Linkbot Express Version 3.6a
for Windows インターネット&通信 NEW フリーソフト

Linkbot Express チェックの結果はエクスプローラ風のツリー形式で表示される リンクエラーをはじめとしたホームページのさまざまな問題点をチェックするソフト。多数のページから構成される込み入ったホームページも多重コネクションを使用して高速にチェックしてくれる(同時に最高5コネクションまで可能)。

チェック内容は、リンクエラー、タイトルが記載されていないページ、表示に時間がかかると思われるサイズの大きなページ、メールアドレスのシンタックスエラー(アドレスの存在確認はしない)、何日間も変更されていない古いページなどである。

HTML形式で出力される結果レポートは詳細で、視認性が非常によい これらのチェックの結果は、エクスプローラ風の画面に詳細表示される。これによりすべての項目の結果を一覧することもでき、画像ファイルのうち「エラーのあったものだけ」というように、表示する項目を細かく絞り込んで確認することもできる。チェック結果はHTML形式のレポートとして出力することも可能で、チェック項目ごとにまとめられたテーブルの形式は非常に視認性がよい。さらに、エラーチェックの結果だけでなく、サイトマップや、イメージファイルのサムネイルなども表示してくれる。

reviewer's EYE リンクの階層数や範囲など、条件を細かく指定してチェックできる 開発はカナダ・Tetranet社。現在のところ英語版しかないのは残念だが、操作がわかりやすく、結果の表示やオプションの設定項目の内容なども理解しやすいので、メッセージやヘルプが英語でも特に困ることはないだろう。README.TXTには日本語による簡単な操作方法の説明も記載されている。なお、ソフトそのものは英語版だが、漢字コード(JIS、Shift JIS、EUC)はサポートされているので、日本語ページのチェック・表示に支障はない。

チェックできるURL数は100までという制限がある このLinkbot ExpressはLinkbot Proの機能限定フリーバージョンであるため、プロキシサーバ経由での使用やパスワード保護されたページのチェックなどはできない。また、スケジューリングして自動運転・周期巡回チェックをさせることもできない、一度に100URLまでしかチェックすることができないなどの制限がある。ここでいうURL数には画像ファイルやメールアドレスなども含まれるため、これは思ったより厳しい制限だが、個人のホームページが対象ならば、通常は問題ないだろう。以上のような制限事項を理解した上で使用するならば、機能が豊富で操作性もよく、重宝するはずだ。
(秋山 俊)

ホームページ 開発元であるTetranet社のホームページはこちら。また、国内でLinkbotを扱う日本システムディベロップメントのホームページはこちら

ソフト作者からひとこと
よくWebを見ている方はご存知のように、一般にWebにはリンクエラーがたくさんあります。リンクエラーに「慣れっこ」になってしまっているくらいでしょう。でも初心者の方は非常に戸惑うものでしょうし、たくさんの人に継続して見てもらうには極力リンクエラーをなくすことが必要です。まして企業の提供するページなどでは、リンクエラーがたくさんあると企業イメージさえ左右されかねません。

リンクエラーはページを作成した時点ではあまりないのが普通で、公開したあと、外部リンクが変更されたり、複数人で作成していて一部の修正が他の部分に反映されなかったりして発生します。よって継続的なリンクチェックが必須です。リモートから高速なチェックができるこのLinkbot(リンクボット)は、継続的なリンクチェックに最適なツールだと思います。
(Tetranet社日本総販売代理店・(株)日本システムディベロップメント)

※ この記事は、98年10月08日に公開されました。


Download
「Linkbot Express」の最新版および関連ソフトです(ソフトのバージョンは、記事中で紹介したものと異なる場合があります)。なお、ソフトをダウンロードするには、右側の[Download]ボタン(または[http]ボタン)をクリックしてください。下線付きのソフト名をクリックすると、ソフトに関する詳細な解説が参照できます。

現在公開ファイルがありません


週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.
[↑このページの先頭へ戻る]