vector
Vectorトップへ
Vector Magazine Vector Magazine

mark 週刊ソフトニュース 97.10.23号へ戻る
mark 週刊ソフトニュースへ戻る
mark TOP PAGEへ戻る
spacer
null SketchBook

親子いっしょに楽しめるお絵描きツール
SketchBook Version 2.1
line

モノクロ/256色カラー対応のペイント系グラフィックツール。子供の利用が意識されているため、手軽に楽しく絵を描きたいという人のためにうれしい機能が揃っている。

こんな人に最適
遊び感覚で使えるグラフィックツールがほしい人。特に、子供に使わせたり子供と一緒になって使うためのソフトがほしい人にはうってつけだ。
拡大表示して見たい場合は、画像をクリックしてください
for Macintosh シェアウェア 画像&サウンド Up!
3,500円

mark コマンドがわかりやすい!
子供を意識したソフトだけに、とてもシンプルでわかりやすい。メニューはひらがなで大きく書いてあるし、メニュー内の各コマンドにもアイコンがついているので、幼児でも覚えやすいだろう。「失敗しちゃったときはブタさんね〜」(Undoコマンドはブタのアイコンになっている)などといいながら親子で楽しめる。もちろん各種コマンドの設定項目などもひらがなで書いてある。

・ 楽しく描けるツールがいっぱい
拡大表示して見たい場合は、画像をクリックしてください もちろん、ペイントツールとしての実力もバッチリだ。まず、何よりもレスポンスがいいのがうれしい。描画のための機能も一般的なお絵描きには十分。主要な機能を選択するツールパレットと各ツールごとにブラシの太さをはじめとするオプションを設定するサブツールパレットとに分けられている。

変わり筆というツールでは、用意されたパターンにしたがってドラッグだけで、樹や多角形などが簡単に描ける。そして、楽しさをぐんとパワーアップさせてくれるもう一つのツールがスタンプだ。人の顔や動物、花といったキャラクタがかわいいタッチで用意されていて、クリックすればどんどんスタンプを押すことができる。ユーザが作ったスタンプが同梱されているので、いろいろなバリエーションが楽しめるのもポイントが高い。画用紙は白紙だけではなくパターンで塗りつぶしたものも選ぶことができる。

・ できあがった絵は起動のときに表示
保存時にはオプションとしてスタートアップスクリーン形式を選ぶことができる。こうしておけば自分の描いた絵でMacを起動させられるというのも、このソフトの楽しみの一つだろう。
(福住 護)


ソフト作者からひとこと line
「SketchBook」は子供用という感じで作りましたが、大人の方にも(特に女性やMacの入門者には)とても好評です。操作が簡単なのと適当に触るだけでも何となくアートできたりする点が受けているのだと思います。

仕事の合間とかの緊張をほぐすための気晴らしなどに使っていただくのもいいと思います。新たなアイデアが浮かぶことでしょう。これからもよろしくお願いしますね。
(木村 渋太郎)


Download
「SketchBook」の最新版、関連ソフトは以下の通りです。
ソフトのバージョンは、上で紹介したものと異なる場合があります。

※ソフトをダウンロードするには、右側の[Download]ボタン(または[httpD]ボタン)をクリックしてください。ソフト名をクリックすると、そのソフトに関する詳細な解説を参照することができます。

シェアウェア(3,675円)
SketchBook 68K 2.6 KidPixライクな256色カラーペイントソフト (657K)



mark ほかのページへジャンプ
[DOGA-L2] [Visual Cardfile] [知ってるCDプレーヤー] [SketchBook] [AIKO for Win32]

週刊ソフトニュース、スポットライト、PickUpに関するご意見・ご感想は…… editor@vector.co.jp まで

Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.