その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2017.02.18 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > Windows10レスキューキットEX
Windows10レスキューキットEX

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
Windows10レスキューキットEX
CBB制御機能などが追加され、さらに便利に。Windows 10の円滑な導入・運用をサポートする「レスキューキット」の新バージョン
Windows 10  製品:試用可
ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと

Windows10レスキューキットEX
「Windows Updateタイマー」。OSの自動更新設定を変更し、日時指定で更新したり、停止させたりすることができる

◎そのほかのスクリーンショット
「Wi-Fiセンサー」の抑止機能。Facebookなどの知り合いに、自動的にWi-Fiを使わせる“危険な”設定を簡単にOFFにできる

Windows 10では簡単に呼び出せなくなった「セーフモード」を復活させることも可能
ソフトを開発しようと思った動機、背景
Anniversary Updateの配布がはじまった2016年8月頃、知人から「会社のPCの具合が悪い」という相談を受けました。社員が10名ほどの典型的なSOHOスタイルの会社です。コンサルタントの勧めに従い、Windows 10を導入したタイミングから社内のPCの具合がおかしくなり、多大なストレスを抱えているとのこと。要約すると問題点は三つ。
(1)ネットワークの速度が極端に遅くなった
そのオフィスが契約しているプロバイダはIPv4専用でした。ここにIPv6優先設定の10が入ってきて、ネットワーク機器に混乱が起き、遅くなっていました。これは10をIPv4優先にして対処しました。

(2)10にアップグレードしたPC6台のうち2台の調子が悪い
1台はメモリが少なく、買い替え期ということもあり、買い替えということで未確認。もう1台を「レスキューキット」で確認したところ、プリンタドライバが7以前の古いものが入っており、これが理由でBSODを起こしていました。このような場合はハイバネーションOFFで解決します。ただ、印刷の不具合はドライバをWindows 10用にする必要がありますが、プリンタドライバの入れ直しでPCが起動しなくなる事故が実在していることより、システムバックアップの取られていないPCのため、買い替えを推奨しました。

(3)OSの自動更新とどう折り合いをつけるか?
ヒアリングの結果、OSの自動更新はONで常に最新にするとのこと。このオフィスでは時間の経過とともに症状がひどくなっている気がするとのこと。私は、OSの自動更新はOFFを推奨。ただし、顧問のコンサルタントは、セキュリティ上の理由からONを推奨していました。
ここでOSの更新のメリットとデメリットを整理しましょう。

メリットは、

  • セキュリティ問題といっていますが、要は改良されたモジュール使用できる
  • OSのバグの改修の恩恵を受けられる
  • 新しい機能を使える
一方、デメリットは、
  • いままで動いていたものが動かなくなるリスクがある
  • 新しいバグに遭遇するリスクがある
  • バグの改修はOSの仕様変更という側面を持ち、バグに合わせて設計されたソフトは動かなくなる
といったことが挙げられます。このオフィスでは、デメリットが噴出して業務に支障をきたし、根幹システムを一から作り直す準備をしているとのことでした。
***

このオフィスに対してはマイクロソフトの公式見解「CBB(Current Branch for Business)」を提示しました。

Windows 10には三つの自動更新モデルが存在します。

  • CB(Current Branch):常に最新のモジュールを入れる。OSの初期値
  • CBB(Current Branch for Business):配布から4ヵ月間にユーザPCからトラブルの送信レポートのなかったものだけを入れる設定。Windows 10 Proエディション以上で使用可能
  • LTSB(Long Term Service Branch):医療装置、販売時点管理システム、ATM用に用意。2〜3年に一度のペースで更新。セキュリティパッチ、バグフィックスは適時
Windows 10導入後、しばらくして発生するトラブルの原因はCBと指摘できます。マイクロソフトの公式見解を意訳すると、Windows 10 Home版にてCBで配布し、不具合が発生したらマイクロソフトに自動送信し、それが4ヵ月以上送信がなければCBBに昇格する。CBBはProから使用できる。絶対に止まってはいけない高信頼性用にLTSBを用意している。マイクロソフトは2〜3年に一度のペースでの更新が適切と考えているようである。

う〜〜ん、エンドユーザ、コンサルタント、メーカの意思の疎通が取れておらず、混乱している。これを整理するためのひとつの解法としての提示が「Windows10レスキューキットEX」です。

開発中に苦労した点
Windows 10の問題点をまとめたブロガーの言葉ですが、最近安定したと思ったら、その後、一進一退とのこと。つまり細かい仕様変更が頻発しており、プログラマの視点では対処が困難な状態であるということでした。考えれば考えるほど気が散ります。……ということで切り口を二つに分けました。

  1. ナレッジウェアベースを意識し、ユーザの情報収集をアシストできるようにする
  2. ユーザがストレスなくクリーンインストールできるよう、ワンタッチバックアップ機能を用意する
今後のバージョンアップ予定
従来、ソフト開発するにあたり、実装できなかった機能があります。
  • 「レスキューキット」の趣旨とかけ離れており、実装で焦点がぼやけるもの(上記のIPv4の設定は「10」云々ではなく、初期値の問題で、安易に実装することをためらいます)
  • 簡単なOSの設定とか、あまりに簡単でフリーウェアによる配布が好ましいもの
  • タブレットPC用のカスタマイズ
特にタブレットPC用の機能強化を重要に考えています。16GB〜64GBの小容量ディスク、2GB〜4GBのギリギリのメモリ、そしてWindows 10実装と、小規模PC用のメンテナンス機能の強化を実施する予定です。
((有)電机本舗)


● Windows10レスキューキットEX
  • 作 者 : (有)電机本舗 さん
  • 対応OS : Windows 10
  • 種 別 : 製品:試用可
  • 作者のホームページ : http://dnki.co.jp/
  • 補 足 : ライセンスの購入は「Windows10レスキューキットEX」ダウンロード・お支払いページから行える。ライセンス購入前は機能制限のあるFree版として使用できる。ライセンスIDを入力すると、機能制限のないPro版になる



  • ベクターPCショップで購入する

    Windows10レスキューキット Windows10レスキューキットEX    
    Windows 10で発生しやすいブルースクリーンエラーの回避機能などを備えたユーティリティソフト
    有限会社 電机本舗
    Windows10レスキューキットEX


    go! download このソフトをダウンロード・購入する
    このソフトをダウンロード・購入する

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    360度/VR動画再生機能やクラウド/YouTube対応機能を強化した“定番”動画再生ソフトの新バージョン「PowerDVD 18 Ultra ダウンロード版」
    360度/VR動画再生機能やクラウド/YouTube対応機能を強化した“定番”動画再生ソフトの新バージョン
    「PowerDVD 18 Ultra ダウンロード版」
    低スペックPCで警戒動作 編集・校閲・表示・セキュリティ全ての機能を搭載したPDF総合ソフト「PDF-XChange Editor 7」
    低スペックPCで警戒動作 編集・校閲・表示・セキュリティ全ての機能を搭載したPDF総合ソフト
    「PDF-XChange Editor 7」
    PDFファイルの結合・分割、回転、暗号化などを手軽に行えるソフト「pdf_as」
    PDFファイルの結合・分割、回転、暗号化などを手軽に行えるソフト
    「pdf_as」
    シンプルでカスタマイズ性の高い、エクスプローラ互換のファイル管理ソフト「Tablacus Explorer」
    シンプルでカスタマイズ性の高い、エクスプローラ互換のファイル管理ソフト
    「Tablacus Explorer」
    二分割+タブ切り替え式の画面を活かす便利な機能満載のファイル管理ソフト「FreeCommander」
    二分割+タブ切り替え式の画面を活かす便利な機能満載のファイル管理ソフト
    「FreeCommander」

    go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    製品:試用可プロレジ・シェアレジ 
    Windows10レスキューキットEX Windows 10で発生しやすいブルースクリーンエラーの回避機能などを備えたユーティリティソフト




    最近のレビュー記事
    ぱたぱたカレンダーぱたぱたカレンダーnew!!ぱたぱたカレンダー
    週間・月間予定も登録できる、カスタマイズ自由度の高い時計付き“パタパタ”カレンダーソフト
    マカフィー リブセーフマカフィー リブセーフマカフィー リブセーフ
    インタフェースを一新してさらに使いやすく。家族なら台数無制限でインストールできる、マルチプラットフォーム対応のセキュリティ対策ソフト
    EaseUS Todo Backup FreeEaseUS Todo Backup FreeEaseUS Todo Backup Free
    システムバックアップをはじめとした多彩なオプションを搭載。PreOSからの起動も可能な、使いやすいバックアップソフト
    おもいで壁紙チェンジャーおもいで壁紙チェンジャーおもいで壁紙チェンジャー
    思い出の写真を素材にして“パラパラと入れ替わる壁紙”を簡単に作成できるソフト
    オンスクリーンボリュームビューア Liteオンスクリーンボリュームビューア Liteオンスクリーンボリュームビューア Lite
    ホットキー/マウスですばやく操作でき、カスタマイズ自由度の高いテレビ風音量表示・調整ソフト
    ダークコミック特集
    ダークコミック特集
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2018年5月】

    JRiver Media Center 24JRiver Media Center 24
    ストリーミングサービスへの対応強化などが図られた高機能“ハイレゾ”メディアプレイヤーの新バージョン
    らじるれ郎らじるれ郎
    聴取できるチャンネルは1,750以上。はじめてでも直感的に操作できる、シンプルなネットラジオプレイヤー
    Duplicate Files FixerDuplicate Files Fixer
    わかりやすいインタフェースで、はじめてでも直感的に操作できる同一(重複)ファイル削除ソフト
    Alkett MultiViewAlkett MultiView
    ウィンドウ枠などを非表示にし、画像をのみを表示させることもできる、軽快・多機能な画像ビューア
    CeVIO さとうささら トークスターターCeVIO さとうささら トークスターター
    アクセント調整や音素グラフなど、トーク機能を中心にさまざまな強化・改善が図られた“新世代の音声創作ソフト”
    高田崇史特集
    高田崇史特集


    「Windows10レスキューキットEX」と同じカテゴリーの他のレビュー

    レビュー記事一覧



    おすすめコンテンツ

    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.