Oracleテーブル簡単バックアップ戻しスクリプト

EXPコマンドを知らない方でも簡単にテーブル単位でのバックアップ(EXP)とデータ戻し(IMP)ができる


ソフト詳細説明

・本スクリプトは Oracle での データエクスポート(EXPコマンド)とインポート(IMPコマンド)の実行をサポートします。

・テーブルを指定してデータをエクスポート(EXP)できます。

・実行すると「実行日時 + テーブルID」形式の名前でフォルダを作成し、そのフォルダ内にエクスポート(EXP)したダンプファイルと、インポート(IMP)する為のバッチファイルが作成されます。
(エクスポート時のログファイルもフォルダ内に作成されます)

・作成されたインポート用バッチファイルを実行すると、エクスポート時に指定したテーブルのデータを全て削除(Trauncate table)してインポートを実行します。

・オプションを細かく指定したい場合は、別ソフトの Oracle EXP キッカー と Oracle IMP キッカー をご使用ください。

動作環境

Oracleテーブル簡単バックアップ戻しスクリプトの対応動作環境
ソフト名:Oracleテーブル簡単バックアップ戻しスクリプト
動作OS:Windows XP/2000
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: sugaiketadao 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

コマンド  バックアップ  テーブル  EXP  IMP 


「Oracle用」カテゴリーの人気ランキング

  1. osqledit Oracle用のSQLエディタと実行環境(ユーザー評価:4.5)
  2. RP Dump Browser for Oracle Oracle環境なしで、簡単にDumpファイルの中身を確認、出力(ユーザー評価:0)
  3. ARK Dump Viewer フリー版 EXP/EXPDPのダンプファイルをCSV変換後Excelを起動して参照(ユーザー評価:0)
  4. REDOログビューア OracleのREDOログを期間を指定するだけで簡単に一覧表示(ユーザー評価:0)
  5. SI Object Browser ReadOnly Edition Oracle 用総合開発支援ツール SI Object Browserの閲覧専用版(ユーザー評価:0)

「データベース」カテゴリのソフトレビュー

  • A5:SQL Mk-2 2.11.2 - 強力な入力補完や実行計画の取得などで作業を大幅に効率化するフリーの高機能SQL開発環境
  • 外部記憶DB 1.94.108 - 大量のテキストデータを効率的に管理できる、メーラ風の使いやすいデータベース
  • sarasa - 削除済みのデータを表示することも可能な、SQL Serverトランザクションログ解析ソフト
  • TCARD for Windows 5.71 - クロス集計などの高度な機能を備えた“奥の深い”データベースソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック