Mule for Win32

多国語対応エディタ for win32


ソフト詳細説明

Mule for Win32 Window VersionはWindows95/NTで動作するMuleです。GUIの機能もフルに装備されています.
また、-nwオプションでConsoleモードとして立ち上げることもできます。

UNIX/X版のMuleと機能的にはほとんど差はありませんが、違うように実装されている点もあります。
なお、Win32特有の機能も用意されています。

-------------------------------------------

Mule とはなんですか?

Mule は GNU Emacs を複数の言語に対応できるように強化したエディタです。 GNU Emacs Ver.18 をベースにした Mule Ver.1 と、GNU Emacs Ver.19 をベースにした Mule Ver.2 があります。今後は Mule Ver.2 のみ開発が続けられていきます。

Mule には以下のような特徴があります。
o Mule は ASCII 文字(7ビット)や ISO Latin-1 の文字(8ビット)ばかりでなく、 日本語、中国語、韓国語などの文字コード(16ビット)も扱うことができます。 さらに Mule のテキストバッファはこれらの言語の文を一つのバッファに混在 して保持することができます。
o ファイル入出力、スクリーン表示、キーボード入力、プロセス間通信の それぞれについて独立に文字のコード系を設定できます。
o 多国語モードでない場合には、オリジナルの GNU Emacs とほぼ同様に使えます。

$MULE/README.Mule も参考にして下さい。

動作環境

Mule for Win32の対応動作環境
ソフト名:Mule for Win32
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:GPL
作者: 宮下 尚  Free Software Foundation 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エディタ  多国 


「Emacs」カテゴリーの人気ランキング

  1. MicroEMACS テキストエディタ MicroEMACS の日本語対応版 (Win32)(ユーザー評価:0)
  2. Meadow Win32 Intelバイナリパッケージ Mule for Windows後継のエディタ(ユーザー評価:0.5)
  3. mule-2.3@19.30 Win32 Win32上で動作する多国語対応エディタ(ユーザー評価:0)
  4. Mule for Win32 多国語対応エディタ for win32(ユーザー評価:0)
  5. Auto Complete for Emacs Auto Complete for Dana を Emacsでエミューレート(短文呼出機能:abbrevを簡単にしたもの)(ユーザー評価:0)

「テキストエディタ」カテゴリのソフトレビュー

  • AkelPad 4 4.9.3 - 必要な機能だけをプラグインで組み込める、SDI/MDI両対応の軽快なテキストエディタ
  • Giga Text Viewer 1.2.0.5 - ビッグサイズのファイルも瞬時に開いて閲覧できる、シンプルなテキストビューア
  • e-メモ 0.26 - リッチテキスト形式や文字・段落の書式設定にも対応した“ワープロ風”テキストエディタ
  • 秀丸エディタ 8.00 - 「ファイルマネージャ枠」などで、さらに機能を充実させた“定番”テキストエディタの新バージョン
  • GoEditor for Windows 0.98 - 強力な編集・検索機能と壁紙表示機能などのユニークな機能とをあわせ持つテキストエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック