Change-SubsystemVersion

PEヘッダのSubsystemVersion、CheckSumを書き換える (ディレクトリ配下の再帰処理も可)


ソフト詳細説明

Change-SubsystemVersion は、PEファイル(exe, dll, ocx, scr, sys, cpl, 他)のPEヘッダ内の MajorSubsystemVersion, MinorSubsystemVersion, CheckSum の3つを書き換えるソフトウェアです。

具体的には、 SubsystemVersion を 4.0(Windows 95の内部バージョン)に変更し、それに合わせて、 CheckSum も正確なものに書き換えます。(4.0 以外にすることや、変更せず CheckSum の修正のみも可能です。)

SubsystemVersion を書き換える事により、 Microsoft Visual C++ 2008/2010 等で開発されたものが、 Windows 9x 系や、 2000 などの古い OS でも動くようになる……かもしれません。(基本的には開発時に細工が必要です。)

ディレクトリ以下のファイルも再帰的に処理できます。

レジストリは使用しません。
USBメモリなどに入れて持ち運びできるポータブルソフトでもあります。

動作環境

Change-SubsystemVersionの対応動作環境
ソフト名:Change-SubsystemVersion
動作OS:Windows 10/8/7/Vista/XP/Me/2000/NT/98/95
機種:IBM-PC
種類:フリーソフト
作者: 冬野 善文 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

ディレクトリ  ヘッダ  配下  再帰  PE  CheckSum  SubsystemVersion 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  2. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  3. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  4. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  5. xdump(エックスダンプ) ファイルの16進ダンプリストを表示するドラッグアンドドロップ対応ツール、ファイルの簡易比較も可能(ユーザー評価:0)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック