UpdateGDI+

脆弱性のあるGDIPLUS.DLLをサードパーティ配布のものも含めて更新


ソフト詳細説明

2004年9月、マイクロソフトの作成したGDI+プログラム(gdiplus.dll)に、悪意のあるJPEGファイルを表示させたときに任意のコードを実行される脆弱性があると発表されましたが、このDLLはマイクロソフト以外の会社からも配布されるため、ウィンドウズアップデートやオフィスアップデートだけでは更新できません。

UpdateGDI+ は、ウィンドウズアップデートやオフィスアップデートの後も残っている、今回の脆弱性の影響を受けるコンポーネントをパソコンの中から探し出し、可能ならば自動更新するソフトです。

マイクロソフト セキュリティ情報 (MS04-028) : 「よく寄せられる質問」に書かれている情報に基づき、GDIPLUS.DLL、MSO.DLL、VGX.DLLのファイルバージョンを調べ、GDIPLUS.DLLの一部のバージョン(5.1.3102.1355 より前のすべてのバージョン)については、この脆弱性の影響を受けないとされる5.1.3102.1360に更新させることができます。ただし、影響を受けないバージョンは、5.1.3102.1360だけでなく5.1.3102.1355もあり、またマイクロソフトがこのように更新するべきだといっているわけではありませんので、更新した結果関係するプログラムが正常に動作するかどうかは保証外です。

動作環境

UpdateGDI+の対応動作環境
ソフト名:UpdateGDI+
動作OS:Windows XP/Me/2000/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 片山 誠一 

ユーザーの評価(1人):3.5
コメント:1
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

DLL  脆弱  サードパーティ  GDIPLUS 


「その他」カテゴリーの人気ランキング

  1. Ragud Mezegis アプリケーション(主にゲーム)の動作速度を調整する(ユーザー評価:4.5)
  2. ClockPod 使用中のウィンドウに張りつく、時計などの情報表示ツール(ユーザー評価:0)
  3. ポイント位置の文字列取得 画面上の文字情報をテキストとして取り込む(HTML対応)(ユーザー評価:3.5)
  4. おうるまいて〜 22種類のツール(機能)を1つにまとめたオールマイティソフト(ユーザー評価:0)
  5. 窓ストーカー ウインドウのキャプチャ、文字のコピー、日時表示、最前面・半透明表示(ユーザー評価:3.5)

「その他」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック