その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック

新着ソフトレビュー ベクターソフトニュース − 2004.07.14 RSS一覧
Vectorトップ > ライブラリ > 新着ソフトレビュー > QuickDir

QuickDir

go! download このソフトをダウンロード・購入する
このソフトをダウンロード・購入する
QuickDir
タイトルバーのクリックで、すばやくインストールフォルダにアクセスできるソフト
Windows XP/Me/2000/98/95/NT  フリーソフト
QuickDir
  • タイトルバーのクリックで、パスのコピーやフォルダやファイルを開ける

  • ◎そのほかのスクリーンショット
  • 同梱の「おまけ」で、さまざまな機能を追加できる
  • 表示ファイルタイプなどの設定は「qdir.ini」ファイルを編集して行う

  • タイトルバーのクリックにより、そのウィンドウを実行しているEXEファイルが含まれるフォルダを開けるソフト。「おまけ」をインストールすることで、さまざまな機能を追加できる。

    「QuickDir」は、タイトルバーのミドルクリック(マウスの中ボタンのクリック)などでメニューをポップアップし、メニューから、

    • そのウィンドウを実行しているEXEファイルを含むフォルダを開く
    • そのフォルダ内のファイル、サブフォルダにアクセスする
    ことを可能にしてくれるソフト。ヘルプファイルやiniファイルなど、アプリケーションのインストールフォルダ内の各種のファイルに、容易にアクセスできるようになる。

    メニューにはインストールフォルダやサブフォルダのパス、フォルダ内のテキストファイルなどが一覧表示され、項目を選択してフォルダやファイルを開ける。ファイルの一覧は拡張子別にソートされて表示される。【Ctrl】/【Shift】/マウスの右ボタンのいずれかを押しながら選択することで、パスをクリップボードにコピーすることも可能だ。

    「qdir.ini」ファイルを編集することにより、メニューに表示されるファイルの種別や順番などを詳細に設定できる。フォルダ直下のファイル一覧では、あらかじめtxt/hlp/chm/htm/docが指定され、これらのファイルのみが表示されるが、ユーザが任意の拡張子を追加することも可能。メニューではqdir.iniファイルに記述された順に上から表示されるので、優先したい拡張子を先に書くと、アクセスがより容易になる。そのほかにも、タイトルバーのクリック方法、フォルダを開くファイラの指定やファイラに渡すパラメータ、ホットキーの指定、キー2回連打によるメニュー表示の指定などを、qdir.iniの編集で行える。

    標準で設定されているタイトルバーのクリック方法はミドルクリックと、【Shift】+左クリック。設定により、右クリック/左右同時クリック/【Ctrl】+左クリックを追加できる。

    起動オプションに対応し、バージョン情報を表示して起動したり、非常駐モードで起動したりすることもできる。ウィンドウ左端/右端から近い場所でのクリックを無視させることも可能で、タイトルバーのクリックを使用する他のプログラムとも共存できる。「QuickDir」のメニューを表示させたくないアプリケーションを個別に指定することも可能だ。

    配布アーカイブに同梱されている「omake.zip」を利用すると、「QuickDir」にさまざまな機能を追加できる。ウィンドウのシェード(タイトルバーだけの表示にする)やタスクトレイへの格納、アプリケーションの再起動やプロセスの優先順位変更など、便利な機能が多数用意されている。

     ソフトライブラリからのおすすめソフト
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ「Windows System Checker」
    Windowsの標準機能を利用して、システムドライブのメンテナンスを手軽に行えるミニユーティリティ
    「Windows System Checker」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト「FolderRobo」
    堅牢なrobocopy.exeをわかりやすいGUIで使える。自動繰り返し設定も簡単なフォルダ単位のバックアップソフト
    「FolderRobo」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト「漢字博士 漢太郎」
    56,000以上の漢字を、読み・部首・総画数で探してWordなどに貼り付けられる、異体字対応の漢字検索ソフト
    「漢字博士 漢太郎」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ「モニカ」
    “本体”はコンパクトなスライドショウ。画像上の右クリックでさまざまな機能を呼び出せるデスクトップアクセサリ
    「モニカ」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト「FileCapsule Deluxe Portable」
    「共通鍵」「公開鍵」の両暗号化方式に対応。手軽に使える、高速・高機能なファイル/フォルダ暗号化ソフト
    「FileCapsule Deluxe Portable」

    reviewer's EYE reviewer's EYE
    「アプリケーションウィンドウをクリックしてインストールフォルダにアクセスする」──ただそれだけのことなのに、普段の操作性がいきなりよくなるのには驚いた。いままでいかに無駄な手間をかけていたかを痛感させられた次第だ。

    オンラインソフトには任意のフォルダにファイルを展開(解凍)して利用するものが多いが、実行ファイルのショートカットは作っていても、ヘルプやReadme.txtを参照する際は、インストール先のフォルダを開くという人は少なくないはず。「QuickDir」を利用すれば、これらのフォルダに瞬時にアクセスできるし、メニューから必要なファイル開くこともできる。インストールフォルダを調べるためにスタートメニューやショートカットのプロパティを開くという手間を省けるのもありがたい。

    環境設定を行うためにiniファイルを編集する必要があるという点は気になったが、デフォルトでも問題なく利用できるし、readme.txtには設定内容が詳細に記述されているので、それを読みながら、「上達のため」と少しずつ自分好みに設定していくのもよいのではないだろうか。

    同梱されている「おまけ」も有効に利用したい。例えばタスクトレイに格納する機能では、通常の操作では不可能なウィンドウまで格納してくれるので、タスクバーをすっきりさせられる。機能はこれからも随時追加されていくようなので、今後のバージョンアップが楽しみだ。

    オンラインソフトだけでなく、市販アプリケーションを利用しているときにも関連ファイルの検索などで大いに役立つ「QuickDir」。動作も軽快で、万人にお勧めできるソフトだ。

    (川越 裕之)

    ソフト作者からひとこと ソフト作者からひとこと
    ソフトを開発しようと思った動機、背景
    私は、趣味でさまざまなオンラインソフトを試すのですが、多くのソフトを使用していると、そのインストールフォルダにアクセスしたくなることがよくあります。前々から、ウィンドウを実行しているプログラムのフォルダにアクセスする機能はWindowsが標準で持っているべき機能ではないかなと感じていて、拙作ランチャの「パス窓」に搭載してみたのですが、やはり便利だったので、これをマウスオペレーションでもできるようにしようと思いました。

    でも、それだけでは寂しいよなということで、ウィンドウのタイトルバーから実行するのに便利そうな機能もいろいろつけて、「タイトルバーのクリックからさまざまなことができます」というような統合ツールにしようということで作りはじめたのが「QuickDir」です。

    開発中に苦労した点
    メインの方(「おまけ」じゃない方)はほとんど過去にやったことがあることなので、すぐにできました。「おまけ」のメニューシステム関しては、誰もが理解できるほどにシンプルで自由度が高く、そして機能追加が楽なものになるように努力しました。あといつもなのですが、ソフトの名前をつけるのに苦労しました。

    ユーザにお勧めする使い方
    「omake.zip」を展開してください。それとドキュメントに書き忘れた音量操作コマンドを。「hotkey.ini」用です。

    8,38,postmsg,Progman,,793,0,655360;【左WIN】+【↑】で音量を上げる
    8,40,postmsg,Progman,,793,0,589824;【左WIN】+【↓】で音量を下げる
    今後のバージョンアップ予定
    「おまけ」を、思いつきで拡張していこうかと思います。
    (バロック回路)
    最近のレビュー記事
    Ashampoo ZIP Pro 2Ashampoo ZIP Pro 2new!!Ashampoo ZIP Pro 2
    暗号化・署名によるファイルの保護やクラウドサービスへのアクセスなどにも対応した“統合型”圧縮・解凍ソフト
    ホームポジションキーパーホームポジションキーパーホームポジションキーパー
    ホームポジション内の40キーですべてのキー入力を行えるようにする、ユニークなキー割り当て変更ソフト
    SSDブースターSSDブースターSSDブースター
    リフレッシュとデフラグでSSDを良好な状態に保つ。アイドル時の自動実行にも対応したSSD用メンテナンスソフト
    練馬練馬練馬
    二つの新プラグインで新たなリネーム処理が可能になった高機能“多段階リネーム”ソフト
    Acronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 StandardAcronis True Image 2018 Standard
    AI技術でランサムウェア対策機能を強化。増分/差分バックアップの高速化も図られた“定番”個人向けバックアップソフト
    講談社夏☆電書2017
    講談社夏☆電書2017
    新着ソフトレビュー アクセスランキング新着ソフトレビュー アクセスランキング
    【2017年9月】

    自作のゲーム、実用ソフト、スマホアプリなど、注目の作品が登場する、プログラミング環境「HSP」の祭典
    「HSPプログラムコンテスト2017」
    応募作品受付中!

    ToMoClipToMoClip
    柔軟なドラッグ&ドロップやコピールール設定などで、快適な文書編集環境を実現する高機能クリップボード拡張ソフト
    Excel便利機能ボタン集2Excel便利機能ボタン集2
    カレンダーやガントチャートも簡単に作れる。Excelに便利な機能を追加できるアドインの第二弾
    AnyTransAnyTrans
    AndroidデータのiOSデバイスへの引っ越し機能を新搭載。iOS 11/iPhone 8にも対応した“定番”iOSデータ管理・転送ソフト
    TresGrepTresGrep
    複数行にまたがる文字列の検索にも対応。正規表現とワイルドカードの併用も可能な高速・高機能grepソフト
    すごい位置合わせPRO10すごい位置合わせPRO10
    文字入力枠を簡単に作れる「AI手書き枠認識」機能が追加された、印刷位置合わせソフトの新バージョン
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー
    夏☆電書2017水・土更新!無料連載コーナー


    レビュー記事一覧



    ● QuickDir Ver.0.69
  • 作 者 : バロック回路 さん
  • 対応OS : Windows XP/Me/2000/98/95/NT
  • 種 別 : フリーソフト
  • 作者のホームページ : http://hp.vector.co.jp/authors/VA026310/


  • go! download
    上で紹介したソフト(およびその関連ソフト)のソフト詳細ページにジャンプします。ソフト詳細ページからリンクされたダウンロードページでソフトをダウンロードできます。ソフト詳細ページには、作者データページへのリンクもあります。
    フリーソフト
    QuickDir 0.71 タイトルバークリックでソフトのディレクトリに簡単アクセス (123K)



    ベクターソフトニュース、徹底解説!! まるっとに関するご意見・ご感想は editor@vector.co.jp まで
    Copyright (c) 株式会社ベクター 記事の無断転用を禁じます。
    Copyright (c) Vector Inc. All rights Reserved.