Lhaca 機能拡張版

+Lhacaに、自己解凍形式作成・分割・一覧などの機能を組み込んで拡張した圧縮・解凍ツール


ソフト詳細説明

Lhaca機能拡張版は、+Lhacaの機能を拡張し、LHA, ZIPの基本動作に加えて、自己解凍形式作成・暗号化ZIPの圧縮と解凍・分割が特別なDLLを必要とせずに行えるソフトウェアーです。基本的な操作は、デスクトップ上の+Lhacaのアイコンにドロップしたファイルが、.lzh, .zip、.jarファイルなら解凍され、それ以外なら圧縮されます。

この他、圧縮時にSHIFTを押しながらドロップすると自己解凍形式を作成し、ALTを押しながらドロップすると圧縮後に指定されたサイズのファイルに分割します.パスワード付ZIPの圧縮や解凍も行えます.

CTRLキーを押しながらファイルをドラッグ&ドロップすると、ファイルの中身を見て圧縮ファイルかどうか確認した後、圧縮されたファイルなら内容の一覧を表示し、それ以外のファイルなら圧縮します。一覧画面での解凍・圧縮の判別はファイルの中身を見て行うので、ファイルの拡張子が間違っていたり、自己解凍形式のファイルでもCTRL+ドラッグ&ドロップ操作により解凍が行えます。なお今のところ一覧画面で対応しているのはLZHとZIPの形式です。また、一覧の画面から、ファイルの一部解凍やファイルの追加や削除が行えます。

単に一覧画面を出したいときには、SHIFTキーまたはCTRLキーを押しながらLhacaのアイコンをダブルクリック(但し、CTRLキーを押しながらの場合、選択してから行うと一回目のクリックで選択が外れるので何回かダブルクリックする必要あり)すると表示され、表示|上級者用設定 メニューから上記の 上級者向けオプションを設定できます。上級者向けオプションでは、圧縮率のほか、分割サイズやドラッグ&ドロップ時の動作を指定でき、あらかじめ登録した場所をメニューから選んで解凍・圧縮することもできます。

また、オプションも少なく抑え、初心者でも混乱を生じることのない様に配慮しています。デラックス版のように、多くの圧縮形式を必要とはしないが、自己解凍形式などLHA, ZIPの範囲内での機能拡張は欲しいという人に向いています。

なお、実際の使用において、この機能拡張版で盛り込まれているような機能はそれほど必要ないであろうと思われるため、こういった機能を必要とする方以外には、+Lhaca 0.7x系をお勧めします。

動作環境

Lhaca 機能拡張版の対応動作環境
ソフト名:Lhaca 機能拡張版
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 村山 富男 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

圧縮  分割  解凍  自己  Lhaca 


「アーカイブユーティリティ」カテゴリーの人気ランキング

  1. Lhaplus 追加のDLL不要で多数の解凍(デコード)、圧縮(エンコード)形式に対応したアーカイバ(ユーザー評価:4.5)
  2. Pika Zip 忘れてしまったZIPのパスワードを調べます(ユーザー評価:4.5)
  3. Lhaca デラックス版 DLL不要で、LZH,ZIP,CAB,GZ,Z,BZ2,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,JAR,ARJ,RARファイルの圧縮・解凍・分割・一覧が可能(ユーザー評価:4)
  4. +Lhaca ドラッグ&ドロップ操作により、簡単にファイルの圧縮・解凍が可能 DLL不要(ユーザー評価:4.5)
  5. Lhasa32 LHA & zip のアーカイブファイルを解凍(ユーザー評価:4)

「アーカイブユーティリティ」カテゴリのソフトレビュー

  • ExtractNow 4.8.2.0 - 豊富な実行オプションが用意され、イメージファイルの展開も可能な解凍専用ユーティリティ
  • PeaZip 4.4 - 130以上の形式に対応した、エクスプローラと同様の感覚で使えるアーカイブユーティリティ
  • Universal Extractor 1.6.1 - アーカイブ形式を自動判別してくれる、簡単操作の“なんでも一発解凍”ソフト
  • Safe Melt 32 3.20 - パスワード付きの自己解凍型アーカイブを簡単に作成できるファイル圧縮・分割ソフト
  • LhaOpen 2.07 - さまざまな圧縮形式のファイルを1つのウインドウ、エクスプローラのような操作方法で扱えるアーカイバ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック