ビットマップハック

あなたのパソコンに隠れている普段見えないビットマップを発掘


ソフト詳細説明

 ビットマップはBMPファイルだけではなく、実行ファイルやDLLファイルやその他さまざまなファイルの中にリソースという形で存在しています。「ビットマップハック」は、そうした通常使うことのできないリソースの中から、ビットマップを取り出しBMPファイルで出力するツールです。
 「ビットマップハック」とは「ディスクに埋もれたビットマップを発掘する」という意味から付けられた名前です。ビットマップに関してハッカー的なことをするという意味ではありません。

動作環境

ビットマップハックの対応動作環境
ソフト名:ビットマップハック
動作OS:Windows 2000/NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: mye 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

マップ  ビット  普段  発掘 


「バイナリファイル処理」カテゴリーの人気ランキング

  1. FastHash ファイルのCRCやMD5、SHA-1を高速に計算しTEXTで出力(ユーザー評価:4.5)
  2. CRC16の計算ソフト テキスト入力、またはファイルから4種類のCRC16値を8タイプ同時に計算する(ユーザー評価:0)
  3. テキストバイナリコンバータ テキストファイルとバイナリファイルの相互変換を行う(ユーザー評価:4.5)
  4. HashChecker ファイルのCRC-32とMD5を見比べずに簡単チェック(ユーザー評価:4)
  5. wMD5sum MD5ダイジェスト値をD&Dなどで複数登録し順番にMD5計算を行い結果を保存(ユーザー評価:3.5)

「バイナリファイル処理」カテゴリのソフトレビュー

  • eXeScope 1.10 - ソフトをカスタマイズできるリソースエディタ

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック