有限要素法の自動分割プログラム

任意の形状をもつ物体に対して有限要素法で解析するための前処理を行う


ソフト詳細説明

 このプログラムは二次元平面上において任意の形状をもつ物体に対して有限要素法(Finite Element Method・・・FEM)で解析するための前処理を行うものです。
 対象となる物体の輪郭を入力してやれば、物体を自動的に三角形の要素に分割し、要素番号、節点番号のデータを出力します。
 特徴としては節点の密度分布に対応でき、ゆがみの少ないなめらかな三角形データを作ることが出来ます。
 16万個程度の節点を生成することが出来ます。

 実際に解析するプログラムは別途、用意する必要があります。

動作環境

有限要素法の自動分割プログラムの対応動作環境
ソフト名:有限要素法の自動分割プログラム
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 山下 宏 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

形状  有限  物体  解析 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 地震検索システム EQLIST 日本周辺で発生した約3万個の地震データを検索し、震源情報とともに震源位置を地図上に表示(ユーザー評価:3.5)
  2. 3次元ロータリーエンジン 3次元でロータリーエンジンの動きが見える(ユーザー評価:0)
  3. FFTexc 高速フーリエ変換による周波数解析の簡易ソフト(ユーザー評価:0)
  4. らくらくロジック デジタル回路の論理動作をシミュレートする簡易シミュレータ(ユーザー評価:0)
  5. リンク装置シミュレータ SimLink 機械領域で取り扱うリンク装置のシミュレータ(ユーザー評価:4.5)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック