3次元ロータリーエンジン

3次元でロータリーエンジンの動きが見える


ソフト詳細説明

3次元ポリゴンによるロータリーエンジンの動きをリアルタイムに見ることができます。
モデルはツインロータリーで構成しています。インテークやエキゾースト、ハウジングを非表示にしたり、半透明にできるためローターの動く感じがつかみ易いと思います。

シャフトは回転に連動し1分あたりの回転数が表示されます。
ただし、回転の上限は700rpmに設定しています。

今回のバージョン2.0では工程表示に対応し、ローターの回転については、固定モードかアクセルモードの選択により、回転を見ることができます。

本プログラムは大量のポリゴンデータを使用しているため、パフォーマンスのよいマシンで動かさないと、固まったように遅くなるかもしれませんので注意願います。

なお、あくまで参考ですが、推奨スペックについてはビデオカードはnVidia GeForce2 Ultra 64MB以上
CPU Pen4 1.5GHz以上
メモリ DDR(物理メモリの空き容量が40MBくらいは必要)
のクラス以上がいいと思います。

動作環境

3次元ロータリーエンジンの対応動作環境
ソフト名:3次元ロータリーエンジン
動作OS:Windows XP/Me/2000/NT/98
機種:汎用
種類:フリーソフト(寄付歓迎)
作者: ヤッシ 

お支払い

このソフトは無料でお使いいただけますが、寄付を募っております。
※消費税の増税に伴い、ソフト詳細説明や動作環境等に表示されている価格と、実際の価格が異なる場合がございます。ご購入前に必ずご確認ください。

※送金前に「シェアウェアの送金について」をお読み下さい。

その他のお支払い


※詳細はソフトをダウンロード後、ご確認ください。

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

エンジン  3次元  動き  ロータリー 


「技術・工学」カテゴリーの人気ランキング

  1. 地震検索システム EQLIST 日本周辺で発生した約3万個の地震データを検索し、震源情報とともに震源位置を地図上に表示(ユーザー評価:3.5)
  2. 3次元ロータリーエンジン 3次元でロータリーエンジンの動きが見える(ユーザー評価:0)
  3. FFTexc 高速フーリエ変換による周波数解析の簡易ソフト(ユーザー評価:0)
  4. XFEM 有限要素法(FEM)流体・音響・伝熱・構造解析プログラム(ユーザー評価:0)
  5. リンク装置シミュレータ SimLink 機械領域で取り扱うリンク装置のシミュレータ(ユーザー評価:4.5)

「科学」カテゴリのソフトレビュー

  • PreviSat 3.1.1.2 - 人工衛星の位置や軌道をリアルタイムで確認できる“衛星追跡ソフト”
  • Celestia 1.6.1 - 時間と空間の移動も可能な、圧倒的に美しい“宇宙旅行”ソフト
  • サン・アースくん 1.89 - 地軸の傾きや離心率を変化させることも可能な天体シミュレーションソフト
  • Facio 11.3.1 - 3D分子モデルの作成や計算結果の可視化などが可能な計算化学統合環境
  • HippLiner 2.7.1 - 恒星間航行3Dシミュレータ 太陽系近傍恒星・銀河空間を超光速・相対論的に自由に動き回ることができる

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック