実験データグラフ化システム

CSV形式のデータ(データ数実質無制限)ファイルからX-Yグラフを描く


ソフト詳細説明

静的加力実験において計測された力とひずみの関係をグラフ化して復元力特性を表示するために作成したものですが、データファイルはCSV形式のテキストファイルであれば、どんなものでもかまいません。16系列×30,000個までの数値データを扱うことができ、一つの系列に対するデータを縦軸または横軸にとって、他の複数系列のデータを横軸または縦軸にとり、直線でつないでグラフを描きます。グラフ目盛りの自動設定、タイトルの設定など自由です。また、グラフ上からデータ数値を読み取ることもできます。データ符号の反転、ループ面積の計算などもできます。
復元力特性を表すものであれば、骨格曲線や包絡線曲線を求め、等価な完全断塑性特性を求めます。

動作環境

実験データグラフ化システムの対応動作環境
ソフト名:実験データグラフ化システム
動作OS:Windows NT/98/95
機種:汎用
種類:フリーソフト
作者: 鎌田 輝男 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

実質  CSV  グラフ 


「グラフ作成」カテゴリーの人気ランキング

  1. Graphcel 高機能のグラフ画像自動数値化ソフト(ユーザー評価:4.5)
  2. DigitalCurveTracer 画像化されたグラフの座標を自動で読みとる(ユーザー評価:0)
  3. AV似非 数値データから、分布図・散布図・ベクトル線図・等高線図を描画(ユーザー評価:4.5)
  4. 三次元散布図作成ツール - 武蔵野台 csv形式のデータを読み込み、3次元散布図を描画する(ユーザー評価:3.5)
  5. Plots32 32bit 科学用2次元グラフ作成アプリケーション(ユーザー評価:0)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

  • コピって計算 2.0 - コピーするだけで、アプリケーションに記述された数値を計算できるソフト

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック