Plots32

32bit 科学用2次元グラフ作成アプリケーション


ソフト詳細説明

 このソフトウェアは、科学用2次元グラフを作成するために開発したアプリケーションです。使用頻度の高い散布グラフの作成をサポートします。

【注意】16bit版Plotsとは全く設計思想の異なるソフトです。従って、データの互換性はありません。

●Plots32の特徴
1.多彩な表現力
−Wysiwygの実現。ディスプレー上と印刷結果が全く同一にできる。モニタ上でグラフ外観の微調整が可能。
−1枚の用紙にメモリの許す限り座標軸を追加できる
−x軸、y軸で線形軸、対数軸、逆数軸が単独指定可能。
−データ点のプロットに豊富な線種、マーカを準備。
−テキストの位置、サイズ、フォント、回転が自由に行える。  
−簡単な図形もグラフに追加できます。折れ線、曲線もサポート。

2.シンプルな操作性
−メニュー、ツールボックス、マウスオペレーションに、必要な機能を自然な形で分担させているため、画面設計はシンプルであり、目的の操作をすばやく行うことが可能。
−オブジェクトの選択、移動、削除マウスにより簡単に行える。
−データマネージャにより、複数データのプロット方法、削除が一度に行える。
マウスを用いて、座標軸の数値表示範囲を設定可能。

3.巨大データへの適応
−1本のデータ曲線内のデータ数には制限なし。
−1座標軸内に、最大999本のデータ線を描くことができる。
−多数の数値データを1度に読み込むことが可能。
−escapeキーにより、描画の中断が行える。

4.強力な数値処理機能
−数値処理を施してから、データプロットを行うことが可能。数値処理のための、豊富な関数を用意。
−スプライン補間、Bスプライン補間を行ってからデータプロット可能。
−多項式(10次まで)、指数、対数、べき乗関数への最小2乗近似はもちろん、ユーザ指定関数への最小2乗近似も可能。
マウスを用いて、データ点上の数値を容易に読み取ることも可能。

5.他のアプリケーションとのデータ交換
−作成したグラフは、メタファイル形式としてクリップボードへの転送、ファイルへの保管が可能。
−クリップボードを介して、エディタや表計算ソフトから数値データをインポートし、即座にグラフ化することが可能。
−エクスプローラ(ファイルマネージャ)からのドラッグアンドドロップにより、グラフデータや数値データのオープンが可能。

動作環境

Plots32の対応動作環境
ソフト名:Plots32
動作OS:Windows 98/95/NT
機種:汎用 
種類:フリーソフト
作者: 川浦 久雄 

ユーザーの評価(0人):0
コメント:0
>>コメントを見る

最優秀ダウンロードソフト決定戦
お気に入りのソフトに投票しよう!

■関連キーワード

2次元 ,科学 ,bit ,グラフ


「グラフ作成」カテゴリーの人気ランキング

  1. 1位Graphcel - 高機能のグラフ画像自動数値化ソフト (ユーザー評価:5)
  2. 2位AV似非 - 数値データから、分布図・散布図・ベクトル線図・等高線図を描画 (ユーザー評価:5)
  3. 3位三次元散布図作成ツール - 武蔵野台 - csv形式のデータを読み込み、3次元散布図を描画する (ユーザー評価:4)
  4. 4位DigitalCurveTracer - 画像化されたグラフの座標を自動で読みとる (ユーザー評価:0)
  5. 5位kZONE - 散布図を描くExcelアプリケーション kZONE (ユーザー評価:0)

「計算・表計算・グラフ」カテゴリのソフトレビュー

カテゴリーから選ぶ


その他のコンテンツ
ちょい読み!
コミック